司法試験29年28問(民法)肢イを検討する 第6回 民法634条2項(最判平9.2.14)を考える その4

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年28問(民法)肢「イ.請負人が仕事の目的物を引き渡した場合において,その目的物に瑕疵があり,注文者が瑕疵の修補に代わる損害賠償を請求したときは,注文者は,その賠償を受けるまでは報酬全額の支払を拒むことができる。」を検討することになりました。その際に,損害賠償請求の意味を考えることになりました。
しっかり整理できると,肢の理解にもつながるようです。一緒に考えていきましょう。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,昨日の続きを行きましょう。
条文も載せておきますね。

(請負人の担保責任)
第634条
1.仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができる。ただし、瑕疵が重要でない場合において、その修補に過分の費用を要するときは、この限りでない。
2.注文者は、瑕疵の修補に代えて、又はその修補とともに、損害賠償の請求をすることができる。この場合においては、第533条の規定を準用する。

結局,瑕疵担保責任として法は修補請求だけではなく,損害賠償請求も無過失責任で認めてます。
一般の損害賠償請求(415条)より重くなってますが,なぜでしょうか。
利益状況を考えてきましたか。

考えている

はい,一応考えて見たのですが・・・。良くわかりませんでした。

そうでしたか,それでは,一緒に考えていきましょう。
ここを理解するには,注文者の立場になって物事を考える必要があります。
瑕疵ある物を注文者が手に入れた時,一般的にどうするという話でしたか。

東花子さん

そりゃ,直せ(修補請求)という話をするのでないでしょうか。請負人が一番,完成物についてわかっているわけですし・・・。

そうですね。注文者もその方が,いちいち細かいことを説明しなくて済むわけですから便利なです。
請負人としても,本来,仕事を完成すべきだったわけです。
そういった意味でも,損害賠償よりは瑕疵修補の方が,注文者の要求を受け入れやすいですね。

考えている

そうですね。そういう話を昨日してました。

はい,ここまではそれでいいんですが,注文者は,請負人に直して欲しくない時もあると思うんですよ。

東花子さん

ふーん,イメージがつかないですね。

なるほど,そこが分からないということは,注文者の立場に立てていませんね。説明するのは簡単なんですが,今一度,考えてもらっていいですか。

東花子さん

なるほど,結局,考えないとすぐに忘れてしまいますからね。やって見たいと思います。

そういうことです。ぜひ,頑張ってみてください。
それでは,時間となりましたので,今日はここまでとします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中