司法試験29年27問(民法)肢アを検討する 第2回 他人物売買の有効性(最判昭25.10.26)その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年27問(民法)肢アを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年27問(民法)肢「ア.本件売買契約が締結された時に,Aが甲土地を他の者に譲渡する意思がなく,BがAから甲土地の所有権を取得することができない場合であっても,本件売買契約は有効に成立する。」を検討していきます。
前提の事実は,A所有の甲土地をBがCに対して売り渡す旨の契約(以下「本件売買契約」という。)が締結された場合ですね。結論はどうでしょう。

考えている

正しいですね。

どうしてですか。

東花子さん

判例にあるようです。(最判25.10.26)

なるほど,確かに判例によれば,本件のような場合でも売買契約は有効に成立するみたいです。
ただ,それだと・・・。

考えている

完全に暗記ですね。正直,こんなことまで知っていないといけないのは,きついです。

そうですよね。ですので,しっかり意味を考えないといけません。
どの辺りからいきましょうかね。

東花子さん

原則だと思います。一般に他人物売買は,有効ですね。

いいですね。条文も確認しましょう。

(売買)
第555条
売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

(他人の権利の売買における売主の義務)
第560条
他人の権利を売買の目的としたときは、売主は、その権利を取得して買主に移転する義務を負う。

確かに555条,560条を見ると,他人物売買は債権的に有効です。
ただ,本件では「Aが甲土地を他の者に譲渡する意思がなく」とありますね。
結局,本件BC間の売買契約の成立の時点で,BのCに対する560条の債務が社会通念上履行不能といえそうです。
こんな時も,契約が有効に成立してしまうのでしょうか。

東花子さん

なるほど,確かに,債権の実現可能性がかなりなさそうです。うーん,意味ないから契約を無効にしてもいいように思えてきましたね。

そうですよね。よーく考えると,無効になるのではって感じてしまいます。
しかし,判例は,この場合にも契約有効としてます。
これは,どうしてですかね。

東花子さん

うーん,少し考えさせてもらっていいですか。

はい,分かりました。ぜひ,やってもらいましょう。考え方としては,本件契約を無効とするとどういうことが起こるかをイメージするといいです。頑張ってやってみてください。
では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中