司法試験29年25問(民法)肢アを検討する 第2回 贈与の引渡し(550条)を考える その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年25問(民法)肢アを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年25問(民法)肢「ア.書面によらないで動産の贈与がされ,その引渡しがされた場合において,その引渡しが占有改定により行われたときは,贈与者は,贈与を撤回することができる。」を検討していきます。

結論はどうでしょう。

考えている

誤っていますね。

いいですね,あってます。どうしてですか。

東花子さん

条文でしょうか。

なるほど,確認してみましょう。

(書面によらない贈与の撤回)
民法第550条 書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる。ただし、履行の終わった部分については、この限りでない。

占有改定(183条)がなされた本件の場合,550条ただし書にあたるということでしょうか。

東花子さん

はい,そうだと思います。

なるほど,結論は,そうでしょうね。

考えている

ええ,ただ,意味をこの機会に確認した方がいいです。

そうですね。理解をしないと,結局,すぐ忘れてしまいますから。
では,どのように,550条を理解していきましょう。

東花子さん

うーん,原則から考えていくべきですね。

いいですね。それに関連して質問ですが,契約は原則,撤回できますか。

考えている

できません。契約成立後に一方的に撤回を認めると取引安全が害されますから。

その通り!契約の拘束力を認める必要があります。ただ,550条本文は,書面によらない場合,各当事者に撤回を認めております。
これは,どう理解しましょう。

東花子さん

うーん,常に契約に拘束される不都合があるからだと思うのですが,少し考えていいですか。

そうですか。ぜひ,やってもらいましょう。
本問は,550条ただし書に占有改定があたるかという問ですが,この機会に550条を整理したいと思います。

東花子さん

わかりました。そうすることで,応用範囲も広がりますからね。

その通りです。汎用性が効く形で押えないと,表面的な検討になってしまいます。
ですので,しっかり根元から理解していきましょう。それでは,今日も時間となりましたので終わりにします。
この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中