司法試験29年13問(民法)肢イを検討する 第5回 動産の先取特権の順位(330条3号)その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年13問(民法)肢イを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年13問(民法)肢「イ.農地の天然果実については,農業労務の先取特権が不動産賃貸の先取特権に優先する。」を検討していきます。
結論はどうでしょうか。

考えている

正しいです。

おおいいですね,どうしてでしょうか。

東花子さん

条文があります。

そうですね,確認してみましょう。

(動産の先取特権の順位)
第330条
1.同一の動産について特別の先取特権が互いに競合する場合には、その優先権の順位は、次に掲げる順序に従う。この場合において、第二号に掲げる動産の保存の先取特権について数人の保存者があるときは、後の保存者が前の保存者に優先する。
一 不動産の賃貸、旅館の宿泊及び運輸の先取特権
二 動産の保存の先取特権
三 動産の売買、種苗又は肥料の供給、農業の労務及び工業の労務の先取特権
2.前項の場合において、第一順位の先取特権者は、その債権取得の時において第二順位又は第三順位の先取特権者があることを知っていたときは、これらの者に対して優先権を行使することができない。第一順位の先取特権者のために物を保存した者に対しても、同様とする。
3.果実に関しては、第一の順位は農業の労務に従事する者に、第二の順位は種苗又は肥料の供給者に、第三の順位は土地の賃貸人に属する。

(不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲)
第313条
1.土地の賃貸人の先取特権は、その土地又はその利用のための建物に備え付けられた動産、その土地の利用に供された動産及び賃借人が占有するその土地の果実について存在する。
2.(略)
(農業労務の先取特権)
第323条
農業の労務の先取特権は、その労務に従事する者の最後の一年間の賃金に関し、その労務によって生じた果実について存在する。

確かに330条3号に規定があります。良くわかりましたね。

東花子さん

いやぁ,条文をみて指摘しました。

そうですか。ということは,知っていたわけじゃないんですね。

東花子さん

まあ,そうですね。

それだと,知らないかったら即,困ってしまいます。試験現場ではそれも仕方ないでしょうが,ここでは分からないなりに方向性を正解を導いていきたいですね。どうやっていきましょう。

考えている

うーん。この問題は,本当に難しいです。

なるほど,条文だけを読むとそうなると思います。
こういう時は,実際の場面をイメージするしましょう。
不動産賃貸の先取特権と農業労務の先取特権が競合しているときって具体的にどういう場面でしょうかね。

東花子さん

そうですね。使用者が農地を賃貸人から借りて,被用者を使って作物などを作っていることが考えれます。

いいですね。しっかり,イメージができます。そして,先取特権が問題となるということは,その後,どういう状況が考えらえれますか。

東花子さん

えっ,どうだろう。ちょっと考えてもいいですか。

なるほど,そうですね。まあ,指摘されれば当たり前のことかもしれませんが,イメージができていないと分からないかもしれません。ですので,この機会に考えてもらいましょう。では,今日も時間となりましたので,終わりにします。
この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 平成29年, 担保物権, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中