司法試験29年13問(民法)肢アを検討する 第3回 一般先取特権と特別先取特権の競合を考える(民法329条2項)その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年13問(民法)肢「ア.共益の費用の先取特権は,全ての特別の先取特権に優先する。」を検討することになりました。条文があることはわかったのですが,意味を理解しないと忘れますよと指摘をうけました。
329条2項ただし書の意味を押さえるにあたり,まず,本文から意味を確認することになったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,始めていきましょう。
条文を載せておきますね。

(一般の先取特権)
第306条
次に掲げる原因によって生じた債権を有する者は、債務者の総財産について先取特権を有する。
一 共益の費用
二 雇用関係
三 葬式の費用
四 日用品の供給

(一般の先取特権の順位)
第329条
1.(略)
2.一般の先取特権と特別の先取特権とが競合する場合には、特別の先取特権は、一般の先取特権に優先する。ただし、共益の費用の先取特権は、その利益を受けたすべての債権者に対して優先する効力を有する。

どうして,特別と一般が競合した時に,特別の方が優先するんでしょうかね。
考えてこられましたか。

考えている

ええ,一応。

そうですか。ぜひ,聞かせてもらっていいですか。

東花子さん

はい例えば,動産について売買の先取特権(330条1項3号)と一般先取特権が競合した場合,当該動産に対してしか,特別の先取特権を主張できません。

いい指摘です,続けてください。

東花子さん

ですので,329条2項本文があると思いました。

なるほど,ただ一般先取特権者は,それだと害されませんか。

考えている

えっと,大丈夫だと思います。一般先取特権の引当は,債務者の総財産(306条)です。したがって,競合していない財産について,優先権を主張できるからです。

その通りですね。東さんの指摘した例では,1つの動産について,権利が競合してます。
この場合は当該動産について特別を勝たせ,別の財産で一般を回収させれば,最大限で権利を両立できますね。

東花子さん

はい,そう思いました。道理が分かればこれで,しっかり押さえられると思います。

はい,そんなところでいいでしょう。あと,実はもう一つ押さえやすい解答が実はありまして・・・。

東花子さん

なるほど,それはなんですか。

いやいや,「特別」の先取特権っていっているでしょ。そこからなんか,気付きませんか。

東花子さん

うーん,あっそうか。「特別」って「一般」より優先するってイメージありますね。

その通り,国語的な視点です。言葉の意味から連想することで,早く説明できます。

東花子さん

確かに!

法律用語は難解な言葉が多いですが,名付けた方は,少しでも分かりやすいように命名しているはずです。
そこをヒントに連想すると効率的ですね。

東花子さん

なるほど,良くわかりました。

はい,ぜひ参考にしてください。
では,時間となりましたので,今日はここまでとします。
それでは,この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 平成29年, 担保物権, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中