司法試験29年13問(民法)肢アを検討する 第2回 一般先取特権と特別先取特権の競合を考える(民法329条2項)その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年13問(民法)肢アを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年13問(民法)肢「ア.共益の費用の先取特権は,全ての特別の先取特権に優先する。」を検討していきます。
結論はどうでしょうか。

考えている

誤っています。

いいですね,あってます。どうしてですか。

東花子さん

条文です。

そうですね,確認していきましょう。

(一般の先取特権)
第306条
次に掲げる原因によって生じた債権を有する者は、債務者の総財産について先取特権を有する。
一 共益の費用
二 雇用関係
三 葬式の費用
四 日用品の供給

(一般の先取特権の順位)
第329条
1.一般の先取特権が互いに競合する場合には、その優先権の順位は、第306条各号に掲げる順序に従う。
2.一般の先取特権と特別の先取特権とが競合する場合には、特別の先取特権は、一般の先取特権に優先する。ただし、共益の費用の先取特権は、その利益を受けたすべての債権者に対して優先する効力を有する。

確かに,329条2項ただし書ですね。

東花子さん

はい,結局,その利益を受けたすべての債権者に対して優先するのであって,利益を得ていない者には,優先権を主張できないです。

なるほど,確かに結論は,そうなのですが・・・。そんな条文知ってますかね。

考えている

わかりませんね。調べて知りました。

そうですか。それだと,ただなんとなく合っているだけですね。
試験の現場では,それもやむを得ないのですが,この機会にしっかりおさえましょう。

東花子さん

はい,そうしないと直ぐに忘れてしまいますからね。

いいですね。その通りです。まず,329条2項本文から意味を確認していきましょう。
なぜか,わかりますか。

東花子さん

本文が原則で,ただし書が例外ですからね。大前提を押さえないといけません。

なるほど,そこは分かっているみたいですね。あとは,今回ただし書が聞かれていますが,本文を問われる可能性も将来的にあります。そういった意味でも,ついでに確認しておくのは効率がいいですね。

東花子さん

なるほど,周辺を俯瞰してみるわけですね。

はい,問題を解くことは理解を深める手段です。問題を解くことを目的とすると,どうしても,こういった視点が抜けてしまいますよ。

東花子さん

そうですね,気を付けたいと思います。

そういった意味では,今回は触れませんが,329条1項も軽く確認しておいてください。
それで,大前提の話(329条2項本文)に戻しますが,特別と一般では特別が優先するようです。
なぜでしょう。

考えている

うーん,そうですね。ちょっと考えていいですか。

はい,ぜひやってみてください。いろいろな解答があると思いますが,特別の先取特権と一般先取特権の競合する場面を具体的にイメージすると良いと思いますよ。
では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 平成29年, 担保物権, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中