司法試験29年8問(民法)肢イを検討する 第3回 混同による消滅 (民法179条1項)

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)
平成27年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年8問(民法)肢イを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年8問(民法)肢「イ.A所有の甲土地には,第一順位の抵当権を有しているBと第二順位の抵当権を有しているCがおり,他には抵当権者がいない場合,CがAから甲土地を譲り受けたときでもCの抵当権は消滅しない。」を検討していきます。

考えている

誤っていますね。

いいですね,あってます。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

条文だと思います。

そうですね。確認して見ましょう。

(混同)
民法第179条
1.同一物について所有権及び他の物権が同一人に帰属したときは、当該他の物権は、消滅する。ただし、その物又は当該他の物権が第三者の権利の目的であるときは、この限りでない。
2.(略)
3.(略)

確かに,条文ですね。

考えている

はい,本件では甲土地という同一物について,所有権と他の物権である第二順位の抵当権が同一人であるCに帰属してますからね。

確かにそうです。そして,本件での他の物権は,第二順位の抵当権ですので,これが消滅するとの結論になります。

東花子さん

そう思います。したがって,肢は正しいです。

ただ,それだと。

考えている

はい,条文を覚えてないと回答ができません。忘れたらアウトになってしまいます。

いいですね。したがって,なぜ,条文がそうなっているか,意味を考える必要があります。
混同は,ただし書もあって,分かりにくいですよね。

考えている

そうなんです。本当に,ごちゃごちゃになるんですよ。

わかります,その気持ち。ですので,しっかりこの機会に整理していきましょう。
では,早速,179条1項本文で,なぜ,他の物権が消滅するのですか。

東花子さん

うーん,なんでだろう,考えていいですか。

そうですか。ぜひ,やって見てください。イメージは,今回のように所有権と抵当権が同一人に帰属した場面でやって見ましょう。
では,今日も時間となりましたので,終わりにします。
この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 物権, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中