司法試験29年5問(民法)肢ウを検討する 第9回 表見代理を考える(民法110条)その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年5問(民法)肢「ウ.権限外の行為の表見代理は,代理人として行為をした者が当該行為をするための権限を有すると相手方が信じたことにつき本人に過失がなかったときは成立しない。」を検討することになりました。
正解は分かったのですが,忘れないように利益状況を具体的に考えることになりました。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,初めていきましょう。
条文を載せておきますね。

(代理権授与の表示による表見代理)
民法第109条
第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う。ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。

(権限外の行為の表見代理)
民法第110条
前条本文の規定は、代理人がその権限外の行為をした場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき正当な理由があるときについて準用する。

本人に過失を必要としないのは,なぜか,考えて見ましたか。

東花子さん

そうですね。109条の時もやったのですが,第三者を保護する必要性が高いのかなと思いました。

なるほど,いいですね。どうしてですかね。

考えている

はい,結局,最終的に信ずべき正当な理由があった場合にまで,第三者が保護されないと,代理制度の利用全体にも影響がでると思いました。

そうですね。代理は,私的自治の拡張,補充のためにあります。
すべて本人が,法律行為をするのは現実では難しいでしょうね。

東花子さん

ええ,したがって,社会として,代理制度を利用しやすくする必要があると思いました。

一般に,代理制度を有効に活用することで,本人は利益を受けられますね。
ですので,一定のリスクも負担せよという価値判断でしょう。

考えている

なるほど,そうですね。ただ,あまりに本人の負担が重いと酷ではありませんか。本人もある種の被害者なんですし・・・。

いい指摘ですね。そこに関して110条は,「その権限外の行為をした場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき正当な理由があるとき」に限って保護してます。

東花子さん

確かに,109条に比べて110条は本人の帰責性が小さいので修正されてますね。

はい,ぜひ押さえておきましょう。
結局,大枠として,代理制度は本人の活動を広げる上で有益です。ですので,できる限り安心して利用できるように設計されているように思います。
本人と第三者の利益衡量は,ぜひ考えるといいでしょう。

東花子さん

わかりました。自分なりに整理してみます。

そうですね。それが良いでしょう,結局,借りた言葉で押えてもすぐに忘れてしまいます。
このやり取りも,整理の際の参考にするぐらいの意識でちょうどいいでしょう。
では,今日も時間となりましたので終わりにします。この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中