司法試験29年4問(民法)肢エを検討する 第9回 94条2項の第三者(相続人)

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢エを検討することになりました。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年4問(民法)肢「エ.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後に,Bが死亡した場合において,Bが死亡した時にBの相続人であるCが仮装譲渡について善意であったときは,Aは,Cに対し,甲土地の所有権を主張することができない。」を検討していきます。

考えている

誤ってますね。

いいですね,あってます。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

94条2項の第三者にあたりません。

いいですね。条文も確認しておきましょう。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

どうして,そのように考えるのですか。

東花子さん

相続人Cは,虚偽の外観に基づいて新たに独立して法律上の利害関係に入った者といえないからです。

いいですね,あってます。良く勉強されてますね。

花子さん

いえ,この問題を通していろいろ確認したので,わかりました。

なるほど,そうですか,ただ,それだとあまりに面白くないので,少しだけ理解を確認していきましょう。
結局,形式的に相続人Cは,AB以外の第三者といえそうです。
ただ,実質的にどういえますか。利益状況を指摘してみてください。

考えている

えっと,良くわかりません。

そうですか,ちょっと,質問が漠然としすぎました。結局,相続人CはABが通謀で作出した外観を信じましたか。

東花子さん

そうか,信じていませんね。Cは相続財産を包括承継しています。あくまでも,甲土地は相続財産の一部だと思いました。

その通りです。相続財産と甲土地は別物です。仮にBに相続財産がほとんどなく,甲土地が多くの価値を占めていたとしても対象としては別となります。

花子さん

なるほど,したがって,相続人Cは保護すべき者でないことがわかりますね。

いいですね。ここで確認したいのは,判例の規範に至るまでの考え方です。
当事者が作出した外観と,第三者が信じたが外観に一致がなかったら,当事者(本件ならA)を保護するということです。

考えている

はい,Aから見ると,確かに虚偽の外観を作っているが,相続人Cは,そのこととは直接,関係ないでしょうということですね。

その通りです。そこを理解すれば万が一,判例の言葉が正確に分からなくても,正解を出すことができます。
ですので,ぜひ,しっかり規範の意味を確認しておきましょう。

花子さん

わかりました。やはり,理解をすることが大事です。

そうですね。では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中