司法試験29年4問(民法)肢アを検討する 第2回 94条2項の第三者に差押債権者があたるか その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,司法試験29年4問(民法)肢アを検討することになりました。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,司法試験29年4問(民法)肢「ア.甲土地を所有するAがBと通謀して甲土地をBに仮装譲渡し,AからBへの所有権移転登記がされた後,Bの債権者Cが甲土地を差し押さえた場合において,その差押えの時にCが仮装譲渡について善意であったときは,Aは,Cに対し,Bへの譲渡が無効であることを主張することができない。」を検討していきます。

考えている

正しいですね。

いいですね,あってます。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

判例があります(最判昭48.6.28)。

なるほど,結論はあってますが,どのあたりがポイントなんでしょう。

考えている

良くわかりません。

なるほど,それだと,いわゆる暗記しているだけで,しっかり意味が取れておりません。

東花子さん

そうですね,しっかり理解しないといけませんね。

その通りです。では,関連条文を確認しましょう。

(虚偽表示)
民法第94条
1.相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2.前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。

どこが問題となるでしょうか。

考えている

うーん,本件のような差押債権者が,94条2項「第三者」にあたるかが問題となりますね。

そうですね。ただ素直に条文を読むと,第三者は通謀した当事者以外の者と読めます。そうしたら,差押債権者は,当事者以外の者だから,当然に94条2項の第三者にあたるといえるような気がするのですが・・・。

東花子さん

確かに,そうですね。なんで,わざわざ差押債権者が第三者にあたるかという議論があるんだろう。良くわからなくなりました。

その疑問は,いいですね。
どこがポイントになりそうですか。94条2項の「第三者」に,あらゆる者が含まれるんですかね。

考えている

なるほど,確か違っていたような気がするんですが,どういう話だったかな。ちょっと,考えて良いですか。

そうですね。基本的なことですが,しっかり考えてもらいましょう。
では,今日も時間となりましたので,ここまでとします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 総則, 平成29年, 民法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中