司法試験の手続等を確認しよう

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
司法試験の制度について,大筋確認しました。手続について,少しだけ確認しますよ。

では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。司法試験の試験制度のことは,概ねわかりましたか。

東花子さん

そうですね。ポイントは,大体分かりました。

よかったです。あと,少しだけ全体の手続についても確認しておきましょう。

考えている

よろしくお願いします。

まずは,願書提出からですね。

東花子さん

なるほど,確かに願書を提出しすれると受験できませんね。

はい,過去の例によると,司法試験は,11月上旬が願書の交付時期です。

東花子さん

確か,予備試験の合格発表があったら,すぐ願書の手続が始まるような話を少し前にやりました。

そうですね。単純なことですが,うっかりすると受験できませんので気を付けましょう。願書は,法務省で取り寄せますよ。(詳細は,こちら(平成30年度))

東花子さん

わかりました。うっかりすると大変ですね。

はい,また本試験は,例年,5月の3週の水木と土日で行われます。

考えている

なるほど,平日の実施もあるんですね。

そうですね。予備試験と違うところです。なお金曜日は,中日ということで休息日となってます。

東花子さん

まあ,体力的に消耗するでしょうからね。

はい,論文の試験時間が2時間×7+3=17時間,短答の試験時間が3時間(正確には175分)ありますからね。

東花子さん

確かに,受験生の体力的な負担も大きそうです。

その通りです。日程で確認したポイントは,短答と論文の日程を一気に行うことです。この点は,予備試験と違うので,しっかり,確認しておきましょう。

東花子さん

はい,わかりました。あと合格発表は,9月上旬ですね。

そうですね。試験後,結構時間があります。試験後,合格発表までの間どれだけ集中力を切らなさないかも大事です。
こちらも確認しておきましょう。
では,今日も時間となりましたので,終わりにします。
この続きは,また明日,お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中