司法試験の試験制度(論文・総合)を確認しよう 第1回 満点(配点)その1 論文の配点

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
司法試験の短答試験の試験制度をしっかり確認しました。今日からは,司法試験の論文試験の試験制度をしていきましょう。
では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,初めて行きましょう。
今日からは,司法試験の論文試験の試験制度です。

東花子さん

よろしくお願いします。

もちろん,法務省の試験ページを見ればわかるのでしょうが,特にポイントになりそうなことを説明していきます。
まず,短答試験と同じように,満点から確認しましょう。

考えている

わかりました。

はい,満点を把握しないと,どのくらい本番間違えてよいのかわかりませんからね。
ですので,制度を知る上で,押さえましょう。

東花子さん

了解しました。

では,論文試験の満点はわかりますか。

考えている

800点満点です。

そうですね。100点/問×1(問)×7(科目)=700点,50点/問×2(問)×1(科目)=100点で800点です。

東花子さん

必須科目(憲法・行政法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法)と選択科目の計8科目あって,1科目あたり100点ですね。

はい,必須科目は,各科目1問。選択科目は2問出題されます。
若干,違うことを押さえておきましょう。

考えている

わかりました。

あと,短答のときもチラッと検討しましたが,司法試験は,論文と短答の総合評価になりますね。

東花子さん

そうでした。えっと,司法試験の満点は,短答175点と論文800点の合計で,975点になるのでしょうか。

違いますよ。そこは,しっかり押さないといけません。司法試験の受験生でも,短答と論文で総合評価になるということは知っているのですが,満点について意外と把握していないですよ。

花子さん

確かに,意外と盲点ですね。

ここは,とても重要です。そうですね,ここは,しっかり確認したいので,日を改めようと思います。
東さんもこの機会に,しっかり確認して見てくださいね。
では,今日も時間となりましたので,終わりにします。この続きはまた明日,お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中