司法試験の短答試験の試験制度を確認しよう 第4回 合格率を確認しよう

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験の論文試験の試験制度を確認ました。合格点は108点から114点が今までの実績です。あと,合格率も改めて見ておきましょう。

では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。今日は,合格率を確認していきましょう。

そうですね。目標を見据えるためにしっかり押さえましょう。
それでは,最後に,実際の合格者,合格率を見てみましょう。

年度 受験者 合格者 合格最低点 合格率
平成27年 7937 5308 114 66.9%
平成28年 6846 4621 114 67.5%
平成29年 5929 3937 108 66.4%

【法務省の公表データより作成(合格率,小数点2位四捨五入)】

考えている

合格率66.4%~67.5%が実績なんですね。

そうですね。現行制度との関係で平成27年以降を記載しました。それ以前も合格率は,65%前後で推移してます。

東花子さん

約3人に2人は合格するんですね。予備試験の短答20%と大分,違うように思います。

確かに,合格率を考えるとだいぶ違いますね。ただ,司法試験を受験されている方は・・・。

東花子さん

なるほど,法科大学院を卒業されている方か,予備試験を合格されている方です。

そうですね。受験者の前提が違います。ですので,見た目の合格率も高くなっているのでしょう。
また,後に確認しますが,司法試験は論文の配点が大きいです。
できる限り,論文を見て合否を判断するということなのでしょう。

考えている

そうですか,良くわかりました。

ただ,司法試験の場合,予備試験と異なって短答と論文の総合評価になります。
ここは,別途,詳しくとりあげますが・・・。

東花子さん

確かに,そうです。でも,先生が言わんとしていることが,良くわかりませんが。

はい,最終的に総合評価なので,短答が悪くても論文が良ければ合格します。
それで,実際に合格された方もいるのですが,なかなかギリギリで短答合格しても,逆転での最終合格は難しいように思います。

花子さん

なるほど,最終合格しないと結局,不合格ですからね。

その通りです。総合評価ですので,短答は短答,論文は論文というわけにはいきません。ここは,予備試験とは違うので,確実に押さえたいところです。

東花子さん

やはり,短答試験も上位の方が,最終合格しやすいのでしょうか。

そうですね。短答試験を高得点とれるということは,基礎力もあるということです。
論文で逆転すればいいという発想もあるでしょうが,スポーツを見ても先行している方がやはり有利です。

考えている

確かに,そうですね。

逆転は,たまに起こるからドラマになるわけです。
いろいろな受験生と実際に接すると,短答の点数が悪いとかなり最終合格は難しいという印象です。

東花子さん

良くわかりました。

そうですね。結果的に,短答ギリギリで最終合格になってしまうはもちろんOKでしょうが,初めから短答ギリギリ狙いというのは,ちょっと怖いように思います。

考えている

一般に考えて,基礎(短答)が得意な人は,応用(論文)も得意でしょうからね。

その通りです。逆転には,他の相手も頑張っているところを,それ以上の実力で追いついて追い越すことが必要です。それを忘れないようにしてください。
では,今日も時間となりましたので,終わりにします。この続きはまた明日,お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中