予備試験の口述試験の試験制度を確認しよう 第2回 試験時間について

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験の口述試験の満点を確認しました。
今日は,試験時間を確認しますよ。

では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,昨日の続きいきます。
では,試験時間を確認していきましょう。

花子さん

先生。ちょっと困ったことが。

あれ,どうかされましたか。

東花子さん

口述試験の試験時間の記載がありません。

なるほど,そうですね。短答と論文のように決められた時間の記載がありません。
口述試験は,受験生が1人ずつ受験するので,時間もバラバラになりますよ。

東花子さん

なるほど,でも,だいたいどの位なんでしょう。

これに関しては,いろいろ情報あるようですが,概ね10分~20分くらいでしょうか。
ただ,ある筋では10分以内という話もあります。
正確に時間を測っている受験生は,そうそういません。正直,感覚的にならざるをえないのが実情のようです。

東花子さん

そうですか。まあ面接なんかも,時間がきっちり決まってないですからね。

まあ,そうですね。もちろん,主題者側からは目安はあるでしょうが,公表はされておりません。
残念ですが試験時間は,大枠で押さえるしかないでしょう。

考えている

わかりました。

あと特徴として試験日は2日あって,初日民事からスタートするか,刑事からスタートするかで組が分かれます。

東花子さん

そうなんですね。

はい,実際の出題テーマを見ても分かる通り1日目と2日目で異なります。
(参考:平成29年司法試験予備試験口述試験における問題のテーマについて

制度の枠組みとして把握しておきましょう。どちらが先になるかは,受験票が届く段階で分かるようです。
こちらも確認しておきましょう。では,今日も時間となりましたので終わりにします。
この続きは,また明日,お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中