予備試験の論文試験の試験制度を確認しよう 第3回 合格点を確認しよう

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験の論文試験の満点と試験時間を確認しました。
今日は,実際の合格点を確認しますよ。

では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。予備試験の論文試験のこと分かりましたか。

東花子さん

そうですね。枠組みはわかりました。

あとは,何が必要性でしょうか。

考えている

やっぱり,合格点じゃないでしょうか。

そうですね。確認して見ましょう。

年度 合格最低点 満点 得点率
平成23年 245 500 49.0%
平成24年 230 500 46.0%
平成25年 210 500 42.0%
平成26年 210 500 42.0%
平成27年 235 500 47.0%
平成28年 245 500 49.0%
平成29年 245 500 49.0%

【法務省の公表データより作成】

考えている

なるほど,500点中,210~245点が合格点なんですね。

はい,年によって異なりますが,この点数を上回れば合格です。

東花子さん

そうですか。論文の場合,特に相対的に合格決まるのでしょうが,何点取れば良いのかということは,しっかり確認する必要がありそうです。

その通りです。正直,合格点だけ見てどう思いますか。

東花子さん

いや,正直もっと点数を取らないと合格できないかと思いました。半分取らなくて良かったんですね。

そうなんですよ。結構,試験をやっている方でも意外と知らないことがあります。
ここを押えないと・・・。

花子さん

そうですね。とんでもない答案を作らないとダメだと試験を大きく見てしまいますね。

はい,難しい試験であることは間違いなのですが,あまりにも難しいと思うと,とてつもないことを目標に勉強してしまいます。

考えている

確かに,事実を確認することはとても大事だと思いました。

その通りです。視野が狭くなると,どうしても無理な目標を立ててしまうのでとにかく気を付けましょう。まあ,平成25年,平成26年で合格点が低くなっておりますが,他の年に比べてどうして低くなっているのかなと問題を分析して見るのも面白いかもしれませんね。

東花子さん

なるほど,あくまで現場にいることを意識して練習をするということですね。

その通りです。合格点一つでも,いろいろ見えますね。この機会に,しっかり整理してください。
では,今日も時間となりましたので終わりにします。この続きはまた明日お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中