予備試験の論文試験の試験制度を確認しよう 第1回 満点(配点)について

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験の短答試験について確認していきました。今日からは,論文試験について確認していきます。
では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,今日からは予備試験の論文試験の試験制度を確認していきます。

東花子さん

よろしくお願いします。

もちろん,法務省の試験ページを見ればわかるのでしょうが,ここでは特にポイントになりそうなことを説明していきます。

考えている

そうですか,わかりました。

まず,論文試験の満点を確認しましょう。何点満点かわかりますか。

東花子さん

何点でしたっけ。あんまり,考えたことないですね。

なるほど,それは良くないですね。50×10=500点満点ですよ。

考えている

なるほど,1科目50点で,試験科目は,10科目だからですね。たしか,科目は,憲法,行政法,民法,商法,民事訴訟法,刑法,刑事訴訟法,一般教養科目,法律実務基礎(民事),法律実務基礎(刑事)でしたでしょうか。

その通りです。良く押さえているじゃないでしょうか。

東花子さん

ちょっと前にやりましたので,何とか覚えていました。(詳細司法試験予備試験の試験科目等を確認しよう

なるほど,そうですね。意外と,短答の方は満点を知っている方は多いのですが,論文は,短答よりも把握している方が少ないように思います。

考えている

確かに,そんな考えていないように思います。

ただ,満点を把握する意味って,どんな意味がありましたっけ。

東花子さん

はい,どの位の点数をとれば,合格できるのかを判断する指標になります。

そうですね。極端な話,50点が合格点として,100点満点の試験か,50点満点の試験かで,全然意味が変わってきますからね。

花子さん

ええ,50点が合格点で,50点満点であれば1問も間違えられませんから。

その通りです。もちろん,そんな試験は通常ないでしょうが・・・。いずれにしても,満点を把握しないと,結局,とんでもないことを目標に勉強することになってしまう危険があります。

東花子さん

合格というハードルを勝手にあげてしまうということですね。

はい,したがって確実に合格点を把握することから,試験を掴んて行きましょう。
では,今日は時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中