予備試験の短答試験の試験制度を確認しよう 第4回 合格率を確認しよう

こんにちは,スク東ブログへようこそ。解説編,好評公開中。

平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)

まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験の短答試験の試験制度を確認ました。合格点は160点から170点が今までの実績です。あと,合格率も改めて見ておきましょう。

では,はじまり,はじまり。

花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,合格点が何点か,わかりましたね。

東花子さん

はい,160点から170点が今までの実績だとわかりました。

そうですね。目標を見据えるためにしっかり押さえましょう。
それでは,最後に,実際の合格者,合格率を見てみましょう。

そうですね。確認して見ましょう。

年度 受験者 合格者 合格点 合格率
平成23年 6477 1339 165 20.7%
平成24年 7183 1711 165 23.8%
平成25年 9224 2017 170 21.9%
平成26年 10347 2018 170 19.5%
平成27年 10334 2294 170 22.2%
平成28年 10442 2426 165 23.2%
平成29年 10743 2299 160 21.4%

【法務省の公表データより作成(合格率,小数点2位四捨五入)】

東花子さん

なるほど,合格率20%前後なんですね。

はい,約5人に1人が合格します。

考えている

まず,ここを通過しないといけませんね。

そうですね。もちろん,あくまでも目標は最終合格でしょうが,短答を合格しないと論文も受けられません。ここが,第1関門です。なかなか,突破できずにいる方も多い試験ですよ。

東花子さん

そういう話を時々ききます。

はい,一方で,連続して通る方もいる試験です。

考えている

ふーん,やはり,1回でも短答合格をすると,コツがわかるのでしょうね。

ただ,最終合格できないと毎年,短答から受けることになるので,非常にやっかいな試験です。

考えている

そうなんですよね。毎回,短答からスタートするんですよね。

はい,1回合格したからって,特に2回目以降の免除はありません。この機会に一応触れておきます。
では,今日はこのくらいで終わりしたいと思います。この続きはまた明日,お楽しみに。

スク東ブログの過去の解説編,好評により公開中。
平成29年予備試験民法(解説編)
平成28年予備試験民法(解説編)



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 試験制度 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中