予備試験29年14問(民法)を検討しよう 実践編 第1回

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
今日からは,予備試験29年14問(民法)を実践的に検討していきます。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,早速やっていきましょう。問題文を載せておきます。

遺留分に関する次の1から5までの各記述のうち,判例の趣旨に照らし正しいものはどれか。

  • 1.被相続人Aの子Bが相続放棄をした場合,Bの子Cが遺留分権利者となる。
  • 2.自己を被保険者とする生命保険契約の契約者が,死亡の半年前に死亡保険金の受取人を相続人の一人に変更した場合,遺留分権利者は,その変更行為の減殺を請求することができる。
  • 3.特別受益に当たる贈与について,贈与者である被相続人がその財産の価額を相続財産に算入することを要しない旨の意思表示(持戻し免除の意思表示)をした場合であっても,その贈与の価額は遺留分算定の基礎となる財産の価額に算入される。
  • 4.遺留分減殺請求権は,遺留分権利者が,相続の開始を知った時から1年間行使しないときは,時効によって消滅する。
  • 5.相続の開始前に遺留分を放棄することはできない。

まず,肢「1.被相続人Aの子Bが相続放棄をした場合,Bの子Cが遺留分権利者となる。」は,どうでしょうか。

考えている

誤ってますね。

なぜでしょう。

東花子さん

相続放棄をすると,初めから相続人でなくなります。Bの子Cは,相続人ではなくなるので,遺留分権利者となりませんね。

そうですね。相続放棄は,通常,負債が大きいときに行うもので相続人を保護する制度です。したがって,放棄した者の子が代襲するのは,逆に問題です。ざっくりと,こんなもんで大丈夫でしょう。

詳細を復習したい方はこちら。
予備試験29年14問肢1 第2回 第3回

次,「2.自己を被保険者とする生命保険契約の契約者が,死亡の半年前に死亡保険金の受取人を相続人の一人に変更した場合,遺留分権利者は,その変更行為の減殺を請求することができる。」ですね。これは,どうでしょう。

考えている

うーん,あまり考えたことないのでわかりませんね。

いいですね。そういう時は,さっさと次に行くが吉です。

東花子さん

なるほど,分からない所に時間はさけられませんからね。

では,次「3.特別受益に当たる贈与について,贈与者である被相続人がその財産の価額を相続財産に算入することを要しない旨の意思表示(持戻し免除の意思表示)をした場合であっても,その贈与の価額は遺留分算定の基礎となる財産の価額に算入される。」はどうでしょうか。

東花子さん

うーん,これも自信がないのですが,正しいように思いました。

なるほど,どうしてでしょうか。

東花子さん

遺留分は,遺留分権者を保護するためのものです。贈与者(被相続人)には処分権はないと思いました。

概ね,それで大丈夫です。ただ・・・。

考えている

そうですね。ちょっと,本番では自信がないかもしれません。

そうですね。では,次「4.遺留分減殺請求権は,遺留分権利者が,相続の開始を知った時から1年間行使しないときは,時効によって消滅する。」はどうでしょう。

花子さん

これは,誤ってます。

おお,なんか自信ありそうですね。

東花子さん

はい,「減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から」進行します。条文(1042条)もありますし,実際,気付かないのに権利が消滅するのはさすがに問題だと思います。。

そうですね。機会保障なく消滅するのは,保護が不十分すぎます。ここは,ぜひ,判断したいところです。

詳細を復習したい方はこちら。
予備試験29年14問肢4 第7回

次,「5.相続の開始前に遺留分を放棄することはできない。」はどうでしょう。

花子さん

えっと,これも誤りだと分かります。

そうですね。なぜでしょうか。

東花子さん

はい,条文(1043条1項)もありますし,遺留分は,遺留分権者の権利です。したがって,普通に処分できると思いました。

なるほど,確かにザックリとはそれで良いのですが,家裁の許可が必要でした,廃除の制度と均衡をとるためでしたね。

東花子さん

あれ,そうでしたっけ。

あら,キチンと検討したはずですよ。良く復習しておいてくださいね。

予備試験29年14問肢5 第8回 第9回

いずれにしても,「1」「4」「5」は,誤りだと判断できるように思います。

考えている

そうですね。条文を押さえていけば,わかりますからね。

簡単にいってますが,意味を押さえないとすぐに判断はできませんよ。

東花子さん

確かに,それはそうです。やはり,普段から理解を中心に勉強することは大事です。

はい,ここまで,絞ったして,最後「2」「3」をどう判断していきましょう。

東花子さん

うーん,今一度,考えさせてもらっていいですか。

そうですね。改めて,比較しながら考えていくことになります。ぜひ,考えて見てください。
それでは,今日も時間となりましたので終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中