予備試験29年13問(民法)を検討しよう 実践編 第2回

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験29年13問(民法)を実践的に検討しました。その過程で背理消去法を改めて確認することになったのですが,しっかり花子さんはわかるのでしょうか。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,早速やっていきましょう。問題文を載せておきます。

離婚に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.協議上の離婚は戸籍法の定めるところにより届け出ることによって効力を生じ,判決による離婚は離婚請求を認容する判決が確定した時に効力を生ずる。
  • イ.婚姻によって氏を改めた夫又は妻が,婚姻中に称していた氏を協議上の離婚後も続けて称するためには,離婚の届出をする時に併せてその届出をする必要がある。
  • ウ.夫婦に未成年の子がいる場合には,子の監護に要する費用の分担に関する協議が調わない限り,協議上の離婚をすることはできない。
  • エ.AB夫婦に未成年の子がいる場合には,協議上の離婚をする際の合意によっても,離婚後にAB両名をその子の親権者と定めることはできない。
  • オ.裁判所は,離婚訴訟において財産分与を命ずるに当たり,当事者の一方が過当に負担した婚姻費用の清算のための給付を含めて財産分与の額及び方法を定めることができる。

1.ア イ 2.ア エ 3.イ ウ 4.ウ オ 5.エ オ

昨日までの確認ですが,「ア」は,正しい。「ウ」は,誤っているでしたね。

考えている

はい,したがって,「1.ア イ」「2.ア エ」は「ア」消去法で,「5.エ オ」は「ウ」の背理消去法で切れるという話をしていました。

そうですね。そこで,背理消去法の意味を考えてくるというのが昨日までの宿題でした。
しっかり,確認してきましたか。

東花子さん

そうですね。一応,押さえてきました。

では,改めて説明をしてもらえますか。

考えている

えっと,仮に「ウ」が誤りの段階で,「オ」が誤りだとすると,「4.ウ オ」が,正解の組み合わせになりえます。

そうですね,続けてください。

東花子さん

はい,その後「オ」が誤りだと,肢5の「オ」も当然,誤りとなります。5が正解となるためには,「エ」が誤りになる必要がありますが,そうすると「4」と「5」の2つが正解になってしまいます。

そうですね。ごちゃごちゃしてますが,要は組み合わせの関係で,「5」を正解しようとすると,芋づる式に「4」も正解となってしまいます。

考えている

そうですね。「5」が単独で正解肢になることはありえないので,この時点で切れるということですね。

はい,非常にテクニカルな発想ですが,ぜひ,活用していただきたいところです。押さえ方としては,正解に絡みそうな肢が入っている選択肢(本問では正解に絡みそうな肢が「ウ」,選択肢が「3.イ ウ」「 4.ウ オ」)の対の肢(本問でいうと「イ」,「オ」)が入っている別の選択肢(本問でいうと,「1.ア イ」「5.エ オ」)は論理的に切れるということです。

東花子さん

「1.ア イ」は,「ア」の段階で消去法で切れているので,今回は議論に上がらないですね。

その通りです。あとは,実践で使って慣れていただくしかないように思います。
じゃあ,本題にもどって,次は「イ.婚姻によって氏を改めた夫又は妻が,婚姻中に称していた氏を協議上の離婚後も続けて称するためには,離婚の届出をする時に併せてその届出をする必要がある」ですかね。

東花子さん

はい,順番的にそれが無難だと思います。

正誤は,どうでしょうか。

考えている

誤りです。氏を続けて称する場合は,すぐに届け出なくても良いですね。離婚後の様子も少し確認したいでしょうから・・・。よって,「3.イ ウ」が正解ですね。

はい,正直,若干,細かいので正確に押さえるのは難しいです。したがって,東さんがおっしゃった感覚でとりあえずは大丈夫だと思います。

復習したい方はこちらをご参照ください。
予備試験29年13問肢イ 第4回 第5回

東花子さん

やはり,正確な知識とテクニックが,時間短縮の決め手です。

そうですね。今回であれば,「ア」「イ」を消した後,「エ」を検討するのは,非常にセンスが悪いことになります。

考えている

確かに,正解に全く近づきませんからね。

はい,時間不足を感じた場合は,この辺りの感覚を見直していきましょう。では,今日は,ここまでとします。この続きは,また明日,お楽しみに。

検討していない肢は,こちら

予備試験29年13問肢エ 第7回 第8回 第9回
予備試験29年13問肢オ 第10回



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 親族相続, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中