予備試験29年12問(民法)を検討しよう 実践編 第1回

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
今日からは,予備試験29年12問(民法)を実践的に検討していきます。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,早速やっていきましょう。問題文を載せておきます。

Aが運転するタクシーとBが運転するタクシーが衝突する交通事故(以下「本件事故」という。)が発生し,Aが運転するタクシーの乗客Cが負傷し,Cに300万円の損害が生じた。本件事故についての過失割合は,Aが4割で,Bが6割であり,Cに過失はなかった。この事例に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし正しいものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.CがAに対して本件事故後3年以内に損害賠償を請求する訴訟を提起すれば,CのBに対する損害賠償請求権の消滅時効も中断する。
  • イ.BがCに対して損害賠償債務の弁済として100万円の支払をした場合には,Bは,Aに対し,40万円を求償することができる。
  • ウ.Bが,Cとの間で,BがCに対して200万円を支払うとともに,CがAの損害賠償債務及びBのその余の損害賠償債務を免除する旨の和解契約を締結した場合であっても,Cは,Aに対し,100万円の支払を求めることができる。
  • エ.Aに使用者Dがおり,Dが本件事故について使用者責任を負う場合において,DがCに対して損害賠償債務の弁済として300万円を支払ったときは,Dは,Aに対し,信義則上相当と認められる限度において求償することができる。
  • オ.Bに使用者Eがおり,Eが本件事故について使用者責任を負う場合において,AがCに対して損害賠償債務の弁済として300万円を支払ったときは,Aは,Eに対し,180万円を求償することができる。

1.ア ウ 2.ア オ 3.イ ウ 4.イ エ 5.エ オ

まず,肢「ア.CがAに対して本件事故後3年以内に損害賠償を請求する訴訟を提起すれば,CのBに対する損害賠償請求権の消滅時効も中断する。」からです。どうでしょうか。

考えている

これは,間違ってますね。

そうですね,何ででしょう。

東花子さん

共同不法行為の場合,不真正連帯債務です。一見,請求の絶対効による時効中断を認めて被害者Cを保護したいところです。しかし,AB間に連絡関係がないので,時効中断を認めるのはBにとって不意打ちとなり許容できませんね。

その通りです。被害者Cとしても,片方の加害者であるAから全額回収できれば,十分に保護されます。
被害者保護を重視すると一見間違えそうなところですが,過去にもでているところなので,即答したいところです。
詳細を復習したい方はこちら。

予備試験29年12問肢ア 第2回 第3回 第4回

考えている

やはり,過去問をしっかり検討して理解をしておくことが重要ですね。

はい,ただ申し上げたいのは,表面的なレベルではなく,実践に使えるレベルまで持っていかないとダメということですね。

東花子さん

なるほど,肢1つ1つの意味を押さえないと,実践レベルでは使えないということですね。

その通りです。これで,「1.ア ウ 」「2.ア オ」が切れました。次は,どこを検討してきましょう。

東花子さん

「イ」「エ」ですね。これが,「3.イ ウ」「4.イ エ」「5.エ オ」で被ってますからね。

いいですね。どちらを検討してきましょう。

東花子さん

うーん,順番通り「イ」に行きますか。あと,「エ」よりも文も短いですし。

なるほど,では,「イ.BがCに対して損害賠償債務の弁済として100万円の支払をした場合には,Bは,Aに対し,40万円を求償することができる。」はどうでしょう。

考えている

誤りですね。つど求償を認めるのは,法律関係が複雑になり問題です。

いいですね。Aの負担部分が,4割。すなわち300×0.4=120なので,それ以上弁済しないとAは,Bに求償できません。この問題意識も過去にでてますので,即答したいところです。
詳細を復習したい方はこちら。

予備試験29年12問肢イ 第5回 第6回

東花子さん

これで,「3.イ ウ」「4.イ エ」が切れるので,「5.エ オ」が正解ですね。

はい,この解答が最短でしょう。これで次にいくのが理想です。

東花子さん

改めて思うのは,過去問は大事だなということです。

そうですね。1肢ずつを噛みしめながら,しっかり身に付けることを目指しましょう。では,今日はここまでとします。
この続きは,また明日,お楽しみに。

検討しなかった肢の詳細はこちらです。

予備試験29年12問肢ウ 第7回 第8回 第9回
予備試験29年12問肢エ 第10回
予備試験29年12問肢オ 第11回 第12回



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中