予備試験29年8問(民法)を検討しよう 実践編 第2回

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
予備試験29年8問(民法)を実践的に検討していきました。まず「ア」は誤りで,その結果「1.ア イ」「 2.ア オ」にほぼ正解が絞られる。その後に「イ」が正しいと分かったので,「2.ア オ」が正解ではとの回答を花子さんは回答したのですが,若干,不正確のようです。一緒に確認していきましょう。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,いきましょう。その前に問題を載せておきます。

指名債権の譲渡に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし誤っているものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.債権譲渡禁止の特約に反して債権を譲渡した債権者は,債務者が譲渡を承諾した場合を除き,同特約の存在を理由に譲渡の無効を主張することができる。
  • イ.債権の譲受人は,譲渡人に代位して債務者に対して債権譲渡の通知をすることにより,その債権譲渡を債務者に対抗することはできない。
  • ウ.抵当不動産の第三取得者が被担保債権の弁済をしたことによって抵当権が消滅した場合,その後,被担保債権の債権者がその債権を第三者に譲渡し,債務者が異議をとどめないで債権譲渡を承諾しても,当該第三取得者に対する関係においては,抵当権の効力は復活しない。
  • エ.債権が二重に譲渡され,第一の債権譲渡について譲渡人が債務者に対して確定日付のある証書によらずに通知をした後に,第二の債権譲渡について譲渡人が債務者に対して確定日付のある証書による通知をした場合,第一の譲受人は債権の取得を債務者にも対抗することができない。
  • オ.債権が二重に譲渡され,確定日付のある証書による通知が同時に債務者に到達したときは,譲受人の一人から弁済の請求を受けた債務者は,同順位の譲受人が他に存在することを理由として弁済の責任を免れることができる。

1.ア イ 2.ア オ 3.イ エ 4.ウ エ 5.ウ オ

昨日の質問の意味わかりましたか。

考えている

はい,よーく考えて見ると,理論上「4.ウ エ」もまだ残ってました。

そうですね。出題傾向から,切れる可能性は高い(詳細理由はこちら)のですが,論理的には可能性が残されてます。

東花子さん

うーん。そういう時は,やっぱり「オ」または,他の肢も見た方が良いでしょうか。

そうですね。そこは,状況によるのではないでしょうか。
すでに時間押しであれば,この段階で,「2.ア オ」を選択する判断もやむを得ないでしょうが,すんなり来ていることからすると,確認するのが無難でしょう。

その上で,「オ.債権が二重に譲渡され,確定日付のある証書による通知が同時に債務者に到達したときは,譲受人の一人から弁済の請求を受けた債務者は,同順位の譲受人が他に存在することを理由として弁済の責任を免れることができる。」はどうでしょう。

東花子さん

正しいです。確定日付のある証書による通知が行われている以上,同時到達という偶然の事情で,弁済の責任を免れるのはおかしいです。

いいですね。ここも過去に出題されてますので,即答したいところです。
詳細を確認したい場合は,こちらより復習ください。

予備試験29年8問肢オ 第9回

これで,確実に「2.ア オ」が正解であることが確定しました。

東花子さん

やはり,過去問で出されたところを確実に自分のものにすることが大事ですね。

はい,その通りです。これは,もちろんの多くがしっている事実でしょうがね。ただ・・・。

東花子さん

なんでしょう。

ええ,過去問が大事だからということを表面的にとらえて,繰り返し回数や点数を気にする方がいるんですよ。

東花子さん

うーん。それは,悪くないんじゃないんですか。繰り返しは多い方がいいでしょうし,点数も練習の段階で取れた方がいいわけですし。

いや,そうなんですが,繰り返しが多くなってしまいますと,肢そのもの(下手すれば問題そのもの)を覚えてしまって,全く応用が利かないこともあるんですよ。

考えている

確かに,本番でさすがに全く同じ問題はでませんね。また,運よく似たような問題が出ても,その時に適切に過去問で得た知識を活用できなければ意味ないです。

その通りです。ですので,過去問をやることでなく,どう過去問をやるかが,とても大切です。

東花子さん

なるほど,それが肢の意味をしっかり理解しながら検討する方法なのですね。

そういうことです。したがって,ぜひ,過去問をしっかり分析して勉強することを大事にしましょう。
では,今日は,ここまでとします。この続きは,また明日,お楽しみに。

検討してない肢の詳細は,こちら

予備試験29年8問肢ウ 第5回 第6回
予備試験29年8問肢エ 第7回 第8回



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権総論, 平成29年, 平成29年, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中