予備試験29年15問(民法)肢アを検討する 第3回 請負契約の特約が及ぶ範囲 その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年15問(民法)肢「ア.建物建築工事請負契約において,注文者と請負人との間に,契約が中途で解除された際の出来形部分の所有権は注文者に帰属する旨の約定がある場合に,当該契約が中途で解除されたときは,その請負人が下請負人に当該工事を請け負わせ,下請負人が自ら材料を提供して出来形部分を築造したとしても,当該出来形部分の所有権は注文者に帰属する。」を検討することになりました。
注文者から見ると下請負人は,元請契約の特約の拘束を受けるべきとの主張が考えられます。
一方で,下請負人からは元請と下請は別契約なので元請の特約は関係ない。また,材料を提供している以上,出来形部分の所有権を取得するなどの主張が考えれます。
最終的に,判例は注文者に出来形部分の所有権を認めてますが,どうしてでしょうか。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,続きをしていきましょう。あの後,考えてこられましたか。

花子さん

まあ,一応。判例も見てきました。

そうですか。じゃぁ,最終的な流れはわかっているようですね。

では,その前に注文者と下請負人の利益状況を考えて見ましょう。

花子さん

えっ,そこは,意識してこなかったのですが必要ですか。

そうですね。東さんは,バッチリ判例を見られてこられたので,今だったら説明できるでしょうが・・・。
その方法では,忘れたら即アウトです。

東花子さん

確かに,そうです。

したがって,最終的に判旨を押さえるにしても,どうしてそうなったかを自分なりに考えておくことが大事だと思います。

東花子さん

なるほど,それが現場で生きてくるわけですね。判例は確認できませんものね。

その通りです。細かいことを知らなくても,価値判断が正しければ,正解は出せます。
高得点をとる方も,全ての条文や判旨を暗記していないことは,知っておきましょう。

東花子さん

わかりました。

焦ってくると,どうしても暗記になりがちです。そうなると点数が伸びないと思うので話しました。
それで話を戻しますが,どうして注文者を下請負人より保護したのでしょうか。

東花子さん

うーん,良くわかりません。何か,あるのでしょうか・・・。

なるほど,ではもう一回,価値判断を考えましょう。
その方が,いざという時に強いですよ。

東花子さん

なるほど,やってみます。

覚えられる量は限りがありますので,その方が現実的です。ぜひ,頑張ってください。
今日は総論的な話になってしまいましたが,腰を据えて勉強していただければと思います。
では,今日も時間となりましたので終わりにします。この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権各論, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中