予備試験29年10問(民法)肢アを検討する 第3回 解除の原状回復請求権の消滅時効 (大判大7.4.13) その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年10問(民法)肢「ア.債務不履行を理由に売買契約が解除された場合において,その債務不履行の時から10年を経過したときは,解除による原状回復請求権の消滅時効が完成する。」を検討することになりました。
どうやら条文をそのまま読むと,解除時から時効が進行するようです。しかし,それだと問題の所在がでませんよねとスク先生に指摘され,花子さんは考えることになったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,やっていきましょう。忘れないように,条文を載せておきます。

(消滅時効の進行等)
民法第166条
1.消滅時効は、権利を行使することができる時から進行する。
2.(略)

(解除の効果)
民法第545条
1.当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負う。ただし、第三者の権利を害することはできない。
2.(略)
3.(略)

条文を素直に読むと,「解除時」から,原状回復請求権の消滅時効が進行することになりそうですね。

東花子さん

はい,解除した後,原状回復請求権が発生するので,「権利を行使することができる時」になりそうですから。

ただ,それだと問題の所在がでないという問いでした。結局,考えてこられましたか。

東花子さん

一応,まとめてきました。

そうですか,では,聞かせてもらえますか。

考えている

うーん。例えば,債務不履行後,10年経過ぎりぎりで解除権を行使した場合に問題になると思いました。

なるほど,どういうことでしょうか。

東花子さん

はい,今,指摘したような場合に,解除時を時効の起算点としてますと,実質,債務不履行時から20年近く債権関係が残ってしまうと思いました。

おお,その通りです。債権の消滅時効が,最長10年(167条1項)と考えると,少し長すぎますね。

考えている

なので,解除における原状回復請求権も「債務不履行の時から10年を経過したとき」に時効消滅とすべきという考えがでたのだと思います。

確かに,そうすれば,早期解決が図れそうです。
ただ,条文から少し離れていると思うのですが,そこは,どのように説明しますか。

東花子さん

うーん,債務不履行になった時点で,解除権も行使しうる(541条,543条)。そうすると,債権者が債務不履行時に手続を適正に行えば,原状回復請求権も「権利を行使することができる」ので,166条1項の要件にあたると説明できると思いました。

そうですね。早期解決を図るということに,趣旨を持っていけば,権利が行使しえる時点も含めて起算点を考えることもできそうです。

東花子さん

そう思いました。

しかし,判例は,そのようには,考えておりませんね。

考えている

はい,「解除時」となってます。

そうですね。一見,債務不履行時を起算点にすることも正しいように思いましたが,やはり,問題なのでしょうか。

東花子さん

うーん,そうとしか思えませんね。また,考えて見てもいいですか。

ぜひ,そうしてください。考える際には,具体的にイメージすると良いと思いますよ。
頑張ってください。では,時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権総論, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中