予備試験29年10問(民法)肢アを検討する 第2回 解除の原状回復請求権の消滅時効 (大判大7.4.13) その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年10問(民法)肢アを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,予備試験29年第10問(民法)肢「ア.債務不履行を理由に売買契約が解除された場合において,その債務不履行の時から10年を経過したときは,解除による原状回復請求権の消滅時効が完成する。」を検討していきましょう。

この肢は,正しいですか,間違ってますか。

東花子さん

間違ってますね。

そうですね。どうしてでしょうか。

考えている

判例では,解除のときから進行するとしてます。(大判大7.4.13)

なるほど,その通りですね。ただ,それだと。

東花子さん

はい,知っているだけですね。

はい,なので,意味を確認していく必要があります。
こういうときは,どこから確認してきましょうか。

考えている

まあ,条文ですね。

その通りです。条文を確認してきましょう。

(消滅時効の進行等)
民法第166条
1.消滅時効は、権利を行使することができる時から進行する。
2.(略)

(解除の効果)
民法第545条
1.当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負う。ただし、第三者の権利を害することはできない。
2.(略)
3.(略)

どうでしょうか。

東花子さん

うーん,消滅時効は,「権利を行使することができる時から進行」するようですね。

そうですね。「解除による原状回復請求権」(545条1項)は,いつ発生するのでしょう。

考えている

それは,解除のときではないでしょうか。解除前は,契約は有効なはずなので,原状回復請求権は行使できないはずです。

いいですね。なので,解除時から消滅時効が進行するということでしょうか。

花子さん

はい,そう思いました。

確かに,結論は,その通りですが・・・。

考えている

問題の所在がでていませんね。

その通りです。問題が,「債務不履行の時から10年を経過したとき」としておりますが,どうしてそんな考えが生まれるのでしょう。

東花子さん

そうですね。条文を素直に読むと,「解除時」から進行するはずですが,何かしら問題があるのだと思いました。

考える視点は良いと思います。では,具体的にどういう問題が一見,生じそうですかね。

東花子さん

うーん,少し考えさせてもらってよいですか。

そうですね。ぜひ,考えてください。
そこの問題に気づけると,なぜ,債務不履行時から10年とすべきかという主張の理由もわかると思います。
ぜひ,頑張ってください。では,時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 債権総論, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中