予備試験29年9問(民法)肢イを検討する 第5回 511条と相殺の関係を考えよう【最大判昭45.6.24】 その3

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年9問(民法)肢「イ.債権者Aの債務者Bに対する甲債権がAの債権者Cに差し押さえられても,差押え前からBがAに対する乙債権を有していた場合,Bは,甲債権と乙債権の弁済期の先後を問わず,相殺適状にあれば,相殺をすることができる。」を検討することになりました。問題は,甲債権より乙債権の弁済期が後の時に起こるようです。具体的には,一般に相殺が予定されていない場合にまで,債権者の期待を保護するべきかという問題です。
判例は,弁済期の先後は問うていないのですが,問題があるのに,なぜ無制限に相殺認めるのという話なったのでした。
では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。結局,あれから,考えてきましたか。

東花子さん

まあ,一応まとめてきました。

そうですか。では,早速行きましょう。条文も載せておきますね。

(支払の差止めを受けた債権を受働債権とする相殺の禁止)
民法第511条
支払の差止めを受けた第三債務者は、その後に取得した債権による相殺をもって差押債権者に対抗することができない。

結局,弁済期の先後を考慮しない理由は,わかりましたか。

考えている

単純に弁済期の先後は,要件に上がっていない点が大きいと思いました。

いいですね。511条は,「後に取得した債権」について差押債権者に対抗することができないとのみあります。
条文にない理由で,相殺を禁止されると債権者(本件B)にとって不意打ちになります。

東花子さん

そう,思いました。

ただ,実質的な理由も考えたいです。解釈で,明文にない要件を認めることもありますからね。
それでは,なぜ511条は,「その後に取得した債権による相殺をもって差押債権者に対抗することができない」としているのでしょう。

東花子さん

支払の差止めによって,その債権の管理処分権は,差押債権者に移るからでしょうか。

いいですね。したがって,第三債務者が債務者に差止め後に債権を取得しても,相殺できる期待が生じません。
反対債権の管理処分権が,もともと債務者にありませんからね。

考えている

そうですね。

一方で,弁済期の先後についてはいかがでしょう。甲債権より乙債権の弁済期が遅い場合,本件Bは,全く相殺の期待は生じないのでしょうか。

東花子さん

うーん,甲債権が弁済できなくても,最悪,乙債権で決済できるという期待は,一応生じると思いました。

そうですね。最悪,相殺で回収できるという期待をもって,当事者は取引を行っているということも考えれます。
まあ,この期待も合理的として,511条の文理を尊重する解釈をしたのでしょう。

東花子さん

良くわかりました。当事者目線に立って利益考量するのが大事ですね。

はい,ぜひ,イメージを活用して勉強しましょう。では,今日はここまでとします。この続きはまた明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権総論, 平成29年, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中