時効の起算点を考える(予備試験29年3問肢アを題材にして 第3回)

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年3問(民法)肢「ア.買主の売主に対する瑕疵担保による損害賠償請求権の消滅時効は,買主が目的物の引渡しを受けた時から進行を始める。」を検討することになりました。結論は,分かったのですが,そもそも,時効の起算点が客観的に決まるのか疑問に思っていたようですので,少しだけ検討することになりました。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。調子はどうですか。

東花子さん

ぼちぼちですね。

そうですか,早速,続きから始めていきましょう。一様,条文も載せておきます。

(消滅時効の進行等)
民法第166条
1. 消滅時効は、権利を行使することができる時から進行する。
2.(略)

(債権等の消滅時効)
民法第167条
1.債権は、十年間行使しないときは、消滅する。
2. 債権又は所有権以外の財産権は、二十年間行使しないときは、消滅する。

本問の瑕疵における損賠賠償債権は,167条1項の「債権」にあたる(167条1項の適用がある)。そして,引き渡したときから時効が進行すると話でした。

東花子さん

そうでした。

昨日は,条文を上げませんでしたが,改めますと,目的物を買主に引き渡したときに,166条1項の「権利を行使することができる時」となりますね。

東花子さん

はい,そう思います。しかし,実際に,権利者が気付かないと権利を行使できないのでおかしいのではというのが,問いだったと思います。

そうですね。よく質問を理解されていますね。その後,わかりましたか。

考えている

うーん,なんか,時効の起算点を権利者が気付いた時で決すると,法的安定性を欠くと思いました。

なるほど,それは,正しいです。さまざまな場面で,時効は問題になるので,一律処理の要請ですね。
あってますが,ピンと来ますか。

東花子さん

正しいのでしょうが,ちょっとピンときません。実際に,気付かないと権利行使できないと思いますし。

そうですよね。では,こう考えてみましょう。仮に,権利者保護を重視して気付いた時から時効が進行するとしましょう。相手方はどうですか。また,早く気づいた債権者と遅く気づいた債権者を比較してみるとどうでしょうか。

考えている

なるほど,相手方から見れば,債権者の事情など知ったことじゃないです。また,早く気づいた債権者が,時効の起算点が早くなってしまうのは,公平でないと思いました。

いいですね,ある説明でピンとこない時は,別の視点から考えてみましょう。
個人的には,早く気づいた債権者が,遅く気づいた債権者より,時効進行の不利益を受けるのはおかしいというが,シックリきます。
早く気づくというのは,いわば権利の存在につき「悪意」に変わるということなんでしょうが,本当に,悪いことかと疑問に思うのです。

東花子さん

確かに,注意深いことは,一般的に見て悪いことじゃないですね。

そうですよね。それなのに,不注意な権利者が,起算点が遅くなり保護されるというのは,やっぱりおかしいでしょう。

花子さん

非常に良くわかりました。

はい,あと客観的基準で,消滅時効を開始させれば,早く気づいた権利者がその分だけ保護されることになります。
権利行使ができる期間が長くなりますからね。

東花子さん

確かに,気づきませんでした。

そういった意味でも,消滅時効の起算は,客観的になんでしょうね。さらにいえば,消滅時効の期間は,10年と20年ですよね。(166条1項・2項)

東花子さん

そうですね。

そうすると,結構,時間の尺があるわけですよ。だったら,一般的に権利者は,その間に権利の存在に気付けるはずともいえます。
そういった意味で,客観で進行させても,権利者の不利益は小さいと思うのです。
東さんの経験でも,10年,20年って,それなりの時間がありますよね。

考えている

確かに!。結局,時効の期間は,もともと長いので,多少の機会損失も織り込み積みと考えられるのですね。

そうですね。この視点があれば,期間が長めの時は,多少,権利者が知らなくても進行させても良い。逆に,期間が短めの時はしっかり権利者に機会保障が必要だなと方向性もでます。今回の566条3項も1年の短いので買主が知った時から起算してますでしょ。

東花子さん

なるほど,確かにそうです。

まあ,もちろん,その他に考慮すべき立法事実があれば異なるのでしょうが,一般的な視点としては使えそうです。
期間の取扱いは,本当にごちゃごちゃするので,普段のインプットの際にも,ぜひ活用してください。

考えている

なんか,今日はいつになく,いろいろ説明されましたね。

そうですね。ここは,結構,嫌な方が多いと思いましたので,熱くなってしまいました。
大事なところなので,しっかり理解してもらえればと思います。
では,今日はこんなところで時間となりましたので,終わりします。この続きはまた明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中