予備試験29年2問(民法)肢エを検討する 第8回 民法32条1項後段「善意でした行為」を考えよう その2

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験29年第2問【司法試験29年3問】(民法)肢「エ.Aの生死が7年間明らかでなかったことから,Aについて失踪宣告がされ,Aが死亡したものとみなされた後に,Aの子であるBがA所有の甲土地を遺産分割により取得した。その後,Bは,Cに甲土地を売却したが,その売却後にAの生存が判明し,Aの失踪宣告は取り消された。その売買契約の時点で,Aの生存についてBが善意であっても,Cが悪意であるときは,Cは,甲土地の所有権を取得することができない。」を検討することになりました。
正しいと答えは分かったのですが,32条1項後段の「善意でした行為」の意味をスク東先生に聞かれて,花子さんは考えていたのでした。

では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,昨日の続きをやっていきましょう。条文も,改めて載せておきます。

(失踪の宣告の取消し)
民法第32条
1.失踪者が生存すること又は前条に規定する時と異なる時に死亡したことの証明があったときは、家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により、失踪の宣告を取り消さなければならない。この場合において、その取消しは、失踪の宣告後その取消し前に善意でした行為の効力に影響を及ぼさない。
2.(略)

「善意でした行為」が「双方」善意とする意味が分かりましたか。

考えている

そうですね。なんとなく,考えてきました。

そうですか。聞かせてもらえますか。

東花子さん

結局,相手方が,失踪者が生きていることについて悪意の場合,失踪者を保護すべきだと思いました。

なるほど,本件の場合CがAの生存について悪意ですね。契約の効力を無効としないとAが害されると。

東花子さん

そう思います。死亡が確認できないうちは,相続は発生しないのが筋で,失踪宣告はあくまでも例外です。

そうですね。Aの生存を知っているCが知らないBを使って,Aの意思と関係なく財産を取得するのは問題でしょう。

考えている

はい,Aの帰責性も小さいので,相手方悪意であれば,Aを保護すべきと思いました。

いろいろな説明があると思いますが,概ね大丈夫だと思います。あと,Aの子B(相続人)が善意である必要があるのは,なぜでしょう。
こちらは,条文上も読み取れますが一応,確認します。

花子さん

いや,単純に,相続人は自己都合で被相続人を死んだものとしたらまずいでしょ。

おお,いいですね。イメージができてます。保護すべき行為を「善意としない」と,相続人が,失踪宣告の制度を逆用する可能性もありそうです。
よくよく,考えれば非常に単純ですが,頭が固いとかえって分からなくなるので気を付けましょう。

東花子さん

確かに,そうですね。わかりました。

やはり,覚えるのは大変なので,イメージを大事にしたいですね。柔軟に考えて勉強しましょう。
それでは,今日は,これで終わりします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成29年, 平成29年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中