予備試験28年1問(民法)を検討しよう 実践編 第1回 

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
今日からは,予備試験28年1問(民法)【司法試験28年3問】を実践的に検討していきます。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。では,早速,問題の検討を始めて行きましょう。
では,問題はこちらです。

意思表示に関する次のアからオまでの各記述のうち,誤っているものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.成年被後見人であるAがBから日用品を買い受けた場合,Aが成年被後見人であることをBが知らなかったとしても,Aの成年後見人Cは,当該日用品の売買契約を取り消すことができる。
  • イ.AがBから契約解除の意思表示を受けた時にAが成年被後見人であった場合,Aの成年後見人CがBの契約解除の意思表示を知るまで,当該契約解除の効力は生じない。
  • ウ.Aが隔地者Bに対し契約申込みの通知を発した後,Aが行為能力を喪失した場合,Bがその事実を知っていたとしても,当該契約申込みの効力は生じる。
  • エ.Aが隔地者Bに対し契約解除の通知を発した後,Aが行為能力を喪失した場合,Bがその事実を知っていたとしても,当該契約解除の効力は生じる。
  • オ.Aが隔地者Bに対し契約承諾の通知を発した後,Aが行為能力を喪失した場合,Bがその事実を知っていたとしても,当該契約は成立する。

1.ア イ 2.ア ウ 3.イ エ 4.ウ オ 5.エ オ

早速,いきましょう。まず,肢「ア.成年被後見人であるAがBから日用品を買い受けた場合,Aが成年被後見人であることをBが知らなかったとしても,Aの成年後見人Cは,当該日用品の売買契約を取り消すことができる。」からです。どうでしょうか。

東花子さん

誤っています。

どうしてでしょう。

東花子さん

日用品の取引は,成年被後見人でもできます。(9条ただし書)

そうですね。成年被後見人も生活のために,最低限に取引できるようにする必要がありますからね。ここは,比較的容易に判断したいですね。詳細を復習したい方は,こちら。

予備試験28年1問肢ア 第2回

次は,どれを検討しますか。

花子さん

「イ」か「ウ」ですね。

そうですね。「1.ア イ」「2.ア ウ」のどちらかが正解になりそうですからね。
どちらが,良いでしょうか。

東花子さん

この場合は,「ウ」でしょうね。

そうですね。これは好みの問題ですが,「ア」が正解に絡みそうです。その場合,離れた肢の方が,若干,正解になりそうです。出題者の心理も,時間をかけさせようとしますから。これに頼りすぎるは,どうかと思いますが,肢を読む順番の指針としては,悪くないでしょう。

東花子さん

そうですね。

それで,肢「ウ.Aが隔地者Bに対し契約申込みの通知を発した後,Aが行為能力を喪失した場合,Bがその事実を知っていたとしても,当該契約申込みの効力は生じる。」は,どうでしょうか。

考えている

誤ってます。条文もありますからね(97条2項,525条)。

そうですね。隔地者の関係は,ごちゃごちゃになりますが,条文に関しては,しっかりと押さえて欲しいです。ここは,なんとか,誤りと判断してもらいところです。詳細を復習したい方はこちらをご確認ください。

予備試験28年1問肢ウ 第4回

ただ,第1問ですし本番,緊張していれば肢ウの正誤の判断ができないこともあります。

そういう時は,肢「イ.AがBから契約解除の意思表示を受けた時にAが成年被後見人であった場合,Aの成年後見人CがBの契約解除の意思表示を知るまで,当該契約解除の効力は生じない。」を検討することになりますが,どうでしょうか。

花子さん

これは,正しいです。

成年被後見人は,受領能力がないからですね(98条の2)。ここは,即答したいところです。
肢ウが解ければ理想ですが,分からなかった場合は,すぐに舵を切って,肢イを読むのが大事です。復習したい方はこちら。

予備試験28年1問肢イ 第3回

東花子さん

簡単そうな肢から切っていくことが大事ですね。

はい,そうですね。そうすると,「1.ア イ」「3.イ エ」が切れることになります。

考えている

あと,「4.ウ オ」も,肢アの段階で切れてますね。

おお,背理消去法ですね。今までの検討がいかされてます。背理消去も,自然と使えるといいですね。詳細を復習したい方はこちら。

背理消去法(平成27年第6問を例にして)第2回

東花子さん

ということは「2.ア ウ」「5.エ オ」のどちらかが,論理的には正解となりえます。

そういうことになります。ここで,方針としては2つ考えらますね。わかりますか。

考えている

「エ」「オ」のどちらかを検討するということですか。

いや,そういう意味ではないです。どうでしょうか。

東花子さん

なんだろう,良くわからないな。

そうですか。では,キリが良いので,本日は,この辺りで終わりにしましょう。東さん,明日までに良く考えておいてくださいね。では,この続きは,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中