予備試験27年9問(民法)を検討しよう 実践編 第2回

メルマガ大バナー

【論文対策ゼミ無料説明会・予約受付中】

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
今日からは,予備試験27年9問(民法)【司法試験27年17問】を実践的に検討しました。その際,正解は出たのですが,肢エが確定しなかった際に,肢オと利益衡量する方法を検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。では,早速,昨日の続きを始めて行きましょう。
では,問題はこちらです。

AがBに対して融資をしていたところ,Bがその所有する建物をBの妻Cに贈与し,その旨の所有権移転登記手続をしたことから,Aが詐害行為取消訴訟を提起した。この場合に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし正しいものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。

  • ア.Aは,BからCへの所有権移転登記の抹消登記手続を請求することができるほか,CからAへの所有権移転登記手続を請求することもできる。
  • イ.Aは,BからCへの所有権移転登記の抹消登記手続を請求することなく,BC間の贈与契約の取消しを請求することができる。
  • ウ.Aは,詐害行為の取消しを請求するに際しては,B及びCの両方を被告として訴えを提起しなければならない。
  • エ.Aは,BC間の贈与契約が債権者であるAを害すること及びそのことをB及びCが知っていたことを主張・立証しなければならない。
  • オ.Aは,BC間の贈与契約の当時Bが無資力であったことを主張・立証すれば足り,詐害行為取消訴訟の口頭弁論終結時までにBの資力が回復したことは,Cが主張・立証しなければならない。

1.ア ウ 2.ア エ 3.イ エ 4.イ オ 5.ウ オ

肢「オ.Aは,BC間の贈与契約の当時Bが無資力であったことを主張・立証すれば足り,詐害行為取消訴訟の口頭弁論終結時までにBの資力が回復したことは,Cが主張・立証しなければならない。」は,正しいですか,間違ってますか。

考えている

結論は,正しいのでしょうが,悩みますね。

なるほど,あまり考えないでしょうからね。

東花子さん

そう思います。

まあ,どちらか一方を判断する必要があります。肢エ,肢オの共通点は何でしょうか。

東花子さん

主張,立証でしょうか。

いいですね。結局,最終的にそこの判断を聞いてます。どういう基準で,主張立証すべき地位を判断するのでしょうか。

東花子さん

いわゆる要件事実の話だと思うのですが,たくさんあるので,覚えられません。

そうだと思います。ただ,共通する方向性を押えたいですね。いわゆる,権利の発生,変更,消滅などで利益を受ける者が主張・立証すべきだという考えです。

東花子さん

聞いたことがあります。

そして,利益を受ける者を考える際には,主張・立証がない時点で,どういうことが推定されるかをイメージすることが大事です。

東花子さん

わかったような,わからんような。

そうですよね。なので,具体的に考えてみましょう。
肢「オ.Aは,BC間の贈与契約の当時Bが無資力であったことを主張・立証すれば足り,詐害行為取消訴訟の口頭弁論終結時までにBの資力が回復したことは,Cが主張・立証しなければならない。」ですが,贈与契約の当時Bが無資力であったことを主張・立証すれば,どういったことが推定されますか。

考えている

口頭弁論終結時も,無資力であることが推定されるということでしょうか。

いいですね。詐害行為をわざわざ請求するくらいなので,高額な場合を想定しましょう。そうすると,すぐに,資力が回復しないことがわかります。
この辺りが感覚的にわかると良いでしょうね。

東花子さん

なるほど,回復しないという推定を覆したいCが,主張立証すべきであることがわかります。

そうですね,利益状況をイメージできれば,主張立証責任の分配も自然と導けるようになってます。逆に,間違えた時は,どこに気付かなかったのかを考えることが大事ですね。

東花子さん

よく,分かりました。肢「エ.Aは,BC間の贈与契約が債権者であるAを害すること及びそのことをB及びCが知っていたことを主張・立証しなければならない。」はどうでしょう。

そこに関しては,BC間の贈与契約が債権者であるAを害すること(Bの詐害行為)を,Aが主張立証すれば,「Cは(Bの詐害行為)を知っていた」と推定されることを説明したいですね。

東花子さん

確かにそうですが,イメージできません。

確かにそうかもしれません。Aが,Bの詐害行為の主張立証に成功すると,外形上,詐害行為があることになります。こう考えるとどうでしょう。

考えている

なるほど,相手方Cも大抵,気づくことが推定されます。少なくともCは,取引安全上,保護に値しないものになりますね。

そうですね。そこが,わかれば正解を導けます。できれば,簡単な肢で勝負したいですね。感覚はいろいろでしょうが,肢オの方が比較的判断しやすいかもしれません。大事なことは,筋を立てて判断することが重要だと思います。
では,今日は,これで終わります。この続きは,また明日,お楽しみに。

なお,以前,検討した内容を復習したい方はこちらをご確認ください。

予備試験27年9問肢ウ 第4回
予備試験27年9問肢エ 第5回
予備試験27年9問肢オ 第6回

【論文対策ゼミ無料説明会・予約受付中】



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権総論, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中