予備試験28年15問(民法)肢イを検討する 第3回 遺産分割協議の合意解除(最判平2.9.27)

メルマガ大バナー

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験28年15問(民法)肢イを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,予備試験28年15問(民法)【司法試験28年33問】肢「イ.共同相続人は,既に成立している遺産分割協議の全部を共同相続人全員の合意により解除した上で,改めて遺産分割協議を成立させることはできない。」を検討していきます。

この肢は,どうですか。

考えている

誤っていますね。

なるほど,あってますね。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

どうやら,判例(最判2.9.27)で合意解除はできるようです。

なるほど,良く勉強してますね。ポイントは,わかりますか。

東花子さん

はい,昨日,遺産分割協議を法定解除(541条)はできないことを確認しました(詳細はこちら)。そことの関係で合意解除も同じではというのが問題点だと思いました。

良くできました。
でも,判例は,法定解除と異なり合意解除について認めてます。これは,なぜでしょうか。

考えている

なんででしょう。

そこを考えておかないと,忘れてしまいますね。

東花子さん

うーん,合意解除の場合は,法定解除と異なり禁止する合理的な理由はないということでしょうか。

結論から見ると,その説明は,抽象的に正しいでしょうが,もう少し詰めて見たいですね。法定解除は,なぜ,ダメでしたか。

東花子さん

遺産分割のやり直しにより,紛争が再燃してしまうのがまずいと思います。

そうでしたね。合意解除の場合は,どうですか。

東花子さん

相続人全員の合意があるときは,手続が尽くされているので私的自治を尊重すべきだと思いました。

なるほど,法定解除の場合は,一方的な解除ですからね,良い指摘だと思います。でも,遺産分割の場合,利害関係人は相続人だけとは限らないのでは。

東花子さん

それは,そうですね。うーん。

ここまできたら,第三者にとっても問題ないと構成したいです。

考えている

そうですね。

まあ,恐らくですが第三者は,遺産分割前の規定など(909条ただし書)で保護できると考えるのでしょう。

花子さん

なるほど,それであれば相続人の利害を考慮すれば良いとの説明も通りますね。

そうですね。これで,筋が通っていると思います。やみくもに遺産分割が法定解除はできない,合意解除ができると押えるより,よっぽど実践的だと思います。ぜひ,論理的に押えるように工夫して見てください。
では,時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。


あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 親族相続, 平成28年, 平成28年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中