予備試験28年12問(民法)肢イを検討する 第3回 委任契約と準委任契約の成立に書面はいるか

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験28年12問(民法)【司法試験28年26問】肢イを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,予備試験28年12問(民法)【司法試験28年26問】肢「イ.準委任契約は,書面でしなくてもその効力を生ずるが,委任契約は,書面でしなければ,その効力を生じない。」を検討していきます。

この肢は,どうですか。

考えている

誤っています。

なるほど,あってますね。どうして,そのように考えるのでしょうか。

花子さん

私的自治の原則で意思があれば,契約が成立するからです。

そうですね,結論は,あってます。書面はあくまでも,書証にすぎません。ただ,委任契約の多くは,代理行為と絡んできます。
代理行為を行う際には,代理行為の相手方から委任状が求められることが多いですが,当事者間の契約成立とは無関係なことを確認しておきたいです。

東花子さん

そうですね。委任状が法律行為の際に,必要なことが多いことに引っ張られると,契約成立にも書面が必要だと勘違いしそうです。

はい,委任契約の多くは,代理を予定してます。厳密には雇用による代理もあるので,必ずしもそうではないのですが,委任をイメージする際は,代理としての法律行為が行われることを考えると良いでしょう。

考えている

わかりました,理解には,イメージが大事ですかね。あと,準委任契約についても書面の件が聞かれてますね。

そうですね。準委任契約は,委任契約と異なり,受任者の法律行為は予定しません(656条)。ですので,委任状が特に必要とされることもありません。イメージできると,私的自治の原則から書面の不要が,自然に導けると思います。

東花子さん

そうですね。肢も,そのような聞き方をしてますね。

はい,そうです。概ね,そんなところで良いと思います。
あと,補足として,書面が契約成立に必要なのは保証契約(446条2項)があります。

東花子さん

確か,意思で保証契約の成立を認めると,保証人として重い負担が課せられるので,成立を慎重にするという趣旨だったと思います。

いいですね。わざわざ,私的自治を制限して書面を要求するのであれば,保証契約に上げたように,合理的な理由が必要なわけです。
委任契約に,このような利益状況があるかを考えてみても,書面は不要という結論が導けると思います。

東花子さん

なるほど,困った時にいろいろな正解アプローチを持つことは,大事だと思いました。

そうですね。ぜひ,ご参考ください。
では,時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。

メルマガ大バナー


あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権総論, 平成28年, 平成28年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中