予備試験28年6問(民法)肢5を検討する 第6回 民法330条,民法334条

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験28年6問(民法)肢5を検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,予備試験28年6問(民法)【司法試験28年11問(民法)】肢「5.動産先取特権は,動産質権に優先する。」を検討していきます。

この肢は,どうですか。

考えている

正しいですね。

なるほど,あってますね。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

確か,条文がそうなっていたような。

そうですね。確認してみましょう。

(動産の先取特権の順位)
民法第330条
1 同一の動産について特別の先取特権が互いに競合する場合には、その優先権の順位は、次に掲げる順序に従う。この場合において、第二号に掲げる動産の保存の先取特権について数人の保存者があるときは、後の保存者が前の保存者に優先する。

一 不動産の賃貸、旅館の宿泊及び運輸の先取特権
二 動産の保存の先取特権
三 動産の売買、種苗又は肥料の供給、農業の労務及び工業の労務の先取特権

2 前項の場合において、第一順位の先取特権者は、その債権取得の時において第二順位又は第三順位の先取特権者があることを知っていたときは、これらの者に対して優先権を行使することができない。第一順位の先取特権者のために物を保存した者に対しても、同様とする。
3 果実に関しては、第一の順位は農業の労務に従事する者に、第二の順位は種苗又は肥料の供給者に、第三の順位は土地の賃貸人に属する。

(先取特権と動産質権との競合)
民法第334条
先取特権と動産質権とが競合する場合には、動産質権者は、第330条の規定による第一順位の先取特権者と同一の権利を有する。

確かに,条文上は,質権と動産の先取特権が競合している場合は,330条の第一順位と同じになりますね(334条)。知っていた場合は,優先権を行使できないとなってます(330条2項)。

考えている

そういうことですね。

この条文によれば,本肢は,誤りというになりますが,結構,ややこしい取扱いになってます。

東花子さん

そうですね。ですので,意味を確認するということでしょうか。

はい,早速,そう行きたいのですが,この条文の検討は,以前検討していました。

今回の詳細の説明は,こちらに譲りたいと思います。

第4回を見ていただけるとポイントが分かると思います。
従前の検討では,不動産との取扱いの違いも検討してます。不動産との違いも含めて理解したい方は第3回からご確認ください。

第1回と第2回は,問題文と条文の知識の確認です。全体の流れを見たい方のみ,ご確認ください。

第1回 心構えと導入編
第2回 条文からの解答
第3回 不動産売買と抵当権との比較
第4回 利益状況を具体的に考える

花子さん

なるほど,確かに,検討してます。ということは,過去問をやっていれば,この肢は即答ですね。

そうですね。このブログでも検討している位なので,そういうことです。過去に,理解するポイントを挙げているので,ぜひご参考ください。
では,時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 平成28年, 平成28年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中