予備試験27年15問(民法)肢オを検討する 第6回 民法989条1項

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験27年15問(民法)肢オを検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。早速,予備試験27年第15問【司法試験27年33問】(民法)肢「オ.遺贈の承認及び放棄は,撤回することができない。」を検討していきます。

この肢は,どうですか。

考えている

正しいですね。

なるほど,あってますね。どうして,そのように考えるのでしょうか。

東花子さん

確か,条文があったような。

なるほど,合ってますね。条文を確認して見ましょう。

(遺贈の承認及び放棄の撤回及び取消し)

民法第989条
1.遺贈の承認及び放棄は、撤回することができない。
2.第919条第2項及び第3項の規定は、遺贈の承認及び放棄について準用する。

ただ,本番では条文を確認できないので,意味を押えていきたいです,どうでしょうか。

東花子さん

うーん,単純に撤回を認めると,問題があるからではないでしょうか。

そうですね。抽象的にはあっているんですが,全く具体的ではないですね。どういった意味で,問題が生じるのでしょうか。

東花子さん

どうでしょうかね。よく分かってません。

そうですか,少しごまかそうとしましたね。しっかり,押えたいです。
まず,遺贈を承認すると,目的物が,受遺者のところにあるということが確定します,一方で,放棄すると目的物が,受遺者のところにないことが確定しますね。

東花子さん

そうですね,それは分かります。

そうすると,遺贈が承認されれば,相続財産に目的物がない,放棄されれば,相続財産に目的物があるということになりませんか。

東花子さん

確かに,そうなりますね,気づきませんでした。

そうすると,相続財産には,さまざまな利害関係人が存在しますので,撤回を認めると,これらの者の法律関係が複雑になり問題だと思います。

花子さん

なるほど,相続財産に関して,もちろん手続も進むはずなので,受遺者の撤回を認めると,これらの手続に混乱が生じますね。

はい,ですので,民法第989条は,撤回を制限しているのだと思います。
親族相続の問題は,細かいように思われますが,イメージができれば,比較的解きやすいです。ぜひ,具体的に考えて勉強して見てください。

では,時間となりましたので,終わりにします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 親族相続, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中