予備試験27年12問(民法)肢3を検討する 第6回 民法559条の意味を考える その3

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験27年12問【司法試験27年24問】(民法)肢「3.貸主が死亡した場合,契約は当然に終了する。」を検討していました。
賃貸借,使用貸借ともに当然に終了しないことを確認しました。
話の流れで,559条が,「借主」の死亡では終了するが,「貸主」の死亡では終了しない。その意味を確認することとなりました。
昨日は,「貸主」が死亡した場合を,考えましたが,本日は,「借主」が死亡した場合を考えます。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

東さん,こんにちは。早速,昨日の続きについて検討していきましょう。使用貸借の「借主」が死亡した場合,効力が失うとする559条の意味は,わかりましたか。

第六節 使用貸借
(略)
民法第599条
使用貸借は,借主の死亡によって,その効力を失う。

東花子さん

ヒントをもらって,考えて見たところ,整理できたような気がします。

そうですか。いいですね,では,一緒に確認していきましょう。借主が死亡した場合,その相続人は,いつ目的物を使用収益できますか。

考えている

そうですね,実際の問題はあるかと思うのですが,被相続人の死亡時です。

はい,死亡時に相続が発生して,権利義務が承継されるからですね。
そうすると,仮に使用貸借契約の借主も相続がされると考えた場合,死亡の際に,ただで目的物を使用収益できる期待が,新たに発生しますね。

花子さん

そうですね。被相続人が生きているうちは,相続人は,目的物を当事者として使用収益できませんからね。

まあ,被相続人と相続人が一緒に生活などをしていた時に,占有補助者として事実上,目的物を使用収益がしていることはあるかもしれませんが,それは,別の問題です。
あくまでも,当事者として,目的物の占有を始められるのは,被相続人の死亡時となります。

東花子さん

はい,ですので,相続人の期待は,偶然の事情で「新たに」発生したにすぎず,保護の必要性も,低いと思います。

そうですね。貸主としても,特別の信頼関係がない借主の相続人に,ただで使用収益されるのは,意思として予定していないはずです。

東花子さん

はい,ですので,貸主の方を保護すべきだと思いました。

はい,その辺りを受けて,559条は,効力を失うと規定しているのだと思います。具体的に利益衡量をすることが,理解を行う上で大事ですね。この肢は,こんなところで良いでしょう。では,ちょうど,時間となりましたので,ここで,終わりにいたします。この続きは,また明日,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 債権各論, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中