予備試験27年4問(民法)肢イを検討する 第3回 詐欺取消後の第三者

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験27年4問(民法)肢アまで検討しました。本日から肢イです。では,はじまり,はじまり。

東花子さん

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。調子は,どうですか。

考えている

ぼちぼちです。

そうですか,まあ淡々と頑張りましょう。

早速,今日は,予備試験27年4問(司法試験27年7問)ですね。では,問題はこちら

イ.AがA所有の甲土地をBに売却し,その旨の所有権移転登記がされた後,Aは,Bの詐欺を理由としてBに対する売買の意思表示を取り消した。その後,BがCに甲土地を売却し,Cへの所有権移転登記をした場合,Aは,Cに対し,甲土地の所有権がBからAに復帰したことを主張することができない。

正しいですか。間違っていますか。

東花子さん

AはCに対抗できないので,正しいですね。

はい,そうですね。なぜですか。

東花子さん

Cは,取消後の第三者なので,Aとの関係では,Bを起点として二重譲渡類似の関係になります。Cは,登記を具備しているので,確定的な権利者となります。

そうですね。あってますね。したがって,Aは,登記を具備したCに復帰したことを主張できませんね。
詐欺取消後の第三者は,非常にいろいろ話したいことがあるのですが,以前,一緒に検討しました。

花子さん

はい,検討しました。

そうですよね。ですので,東さんもこちらを見て復習してみてください。では,今日は,これで終わりにします。
過去問をしっかり検討することが大事ですね。次回は肢ウです。お楽しみに。

第1回 詐欺取消後の第三者~96条の第三者の検討その1~
第2回 詐欺取消後の第三者~96条の第三者の検討その2~
第3回 詐欺取消後の第三者~理論的検討その1~
第4回 詐欺取消後の第三者~理論的検討その2~
第5回 詐欺取消後の第三者~理論的検討その3~



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: 物権, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中