予備試験27年3問(民法)肢2を検討する 第5回 債権譲渡の承諾の相手方(民法467条)

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,予備試験27年3問肢2「時効期間が経過する前に,債権者が第三者に債権を譲渡し,債務者がその債権の譲渡について債権の譲受人に対し承諾をした場合,その債権の消滅時効は中断する」を検討しました。正解は,分かったのですが,理解をするために,467条1項を検討することになりました。では,はじまり,はじまり。

考えている

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。調子はどうですか。

東花子さん

そうですね。今日は,比較的,いい方でしょうかね。

そうですか。そういう時は,頑張って勉強しましょう。では,早速,467条1項の承諾の意味ですね。

肢2では,債務者は債務者の譲受人に対して承諾をしていますね。この承諾は,有効ですか。

東花子さん

有効です。確か,承諾の場合は,債権者側からの通知と違って,譲渡人でも譲受人でもどちらでも良かったと思います。

そうですね。債権者側からの通知は,譲渡人からする必要があります。良く勉強しておりますね。何でそう考えたのですか。

東花子さん

なんでだろう。どっかに書いてあったように思います。

なるほど,それだと,ただの暗記になってしまいますね。どうしてだと思いますか。

考えている

うーん。

あの問題点は,わかりますか。条文を示すので考えて見てください。

民法467条1項
指名債権の譲渡は,譲渡人が債務者に通知をし,又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

東花子さん

あっ,通知は,「譲渡人が債務者に」と書いてあるのに対して,承諾の相手方は,条文に書いていない。

そうですね。だから,相手方が,通知と同様に,譲渡人にしなければならないのか,書いていないので譲渡人にしても良いのか,わからない。

東花子さん

そうか,でも,債務者から見て承諾を譲渡人にしなけばならないとすると,本件の承諾は無効になるので,意味がないことなる。それは,結果的に債務者の便宜が害されるのはないでしょうか。

そうですね。本当に,債権譲渡が行われていれば,請求者は,キチンとした権利者なので,支払いを債務者に認めても問題はないですね。ですので,譲受人に対しての承諾も有効とする必要があります。

東花子さん

確かに・・・。先生!今,思ったのですが,譲渡人からの通知が必要とした趣旨は,結局,虚偽の通知を防止して,債務者の二重払いを防止するためにあります。したがって,債務者の保護がポイントなので,債務者からの承諾の相手方を譲渡人に限定する必要はないと思いました。

そうですね。条文に承諾について相手方の記載がないのも,譲渡人または譲受人どちらにも認める趣旨ですね。
これで,承諾の有効でについては,良いと思います。あと,承諾の性質が,観念の通知であるということをおっしゃっておりましたね。なぜだか,わかりますか。

考えている

そうですね,確かによく分かっていないので,その意味も考えなければいけませんね。

はい,ですので,確認をしていきたいのですが,今日は,時間となってしまったので,検討は明日にしたいと思います。
よーく,東さんも考えておいてくださいね。では,また明日お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 債権総論, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中