予備試験27年1問(民法)肢1を検討する 第4回 94条2項の第三者と登記 その3

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,スク東先生と,予備試験平成27年1問肢1,「1.Aは,その所有する甲土地についてBと仮装の売買契約を締結し,その旨の所有権移転登記をした。その後,Bがこの事情を知らないCに甲土地を売却した場合,BからCへの所有権移転登記がされていないときでも,Aは,Cに対し,AB間の売買契約の無効を主張することができない。」を検討することになりました。94条2項の第三者に登記が不要とする利益状況は,わかったのですが法的許容性を説明してくださいスク東先生にいわれて悩んでいたのでした。では,はじまり,はじまり。

考えている

うーん。

こんにちは,東さん。難しそうな顔してますね。法的許容性の構成わかりましたか。

東花子さん

そうですね。AとCは,物権変動の前主後主の関係に立つとありました。

なるほど,よく調べましたね。意味分かってますか。

考えている

いまいち,ピンと来ておりませんね。

そうですよね。確認したいのですが,Cに本件の甲土地が移った場合,どのようにCは,所有権を取得しているのでしょうかね。

東花子さん

えっ,CはBと取引をしているから,Bから承継しているのではないですか。

あの,AB間は94条1項で無効なんだから,Bは無権利者で,CはBから承継できないのではないでしょうか。

東花子さん

たしかに,そうですが,94条2項は善意の第三者に対抗できないとあります。そこで,Cとの関係では,AはAB間の取引の無効を言えない結果,Bが有効な権利者として,ABCの順で甲土地はCに承継されるのではないでしょうか。

なるほど,確かに,そのような構成も考えられるし,実際にそのような説もあります。しかし,本件では,ABCに順次に承継されたは考えないのですよ。

東花子さん

そうなんですか。どうかんがえるのだろう。

そうですね。ここは,AからCに甲土地が,法定承継されたと考えます。ABCに順次に承継されたと考えると,Bに少しでも所有権を認めることになり実態上,望ましくない。
94条2項は,本人が作出した外観を信じた第三者の取引安全を図る趣旨なので,AC間に承継されせれば,Cの取引の安全を図るうえで,必要かつ十分ではないかという結論になります。

東花子さん

なるほど,法定承継とするのは,本来は移転はAC間の合意で行われますが,本件ではそれがないからですね。Bに甲土地の所有権がないとすることも94条1項と整合性がとれますね。

はい,そう考えると,ACは,前主後主の関係に立つので,物権変動の当事者であり,第三者ではないと説明できます。したがって,177条の第三者ではないのでCは登記が不要と理解できます。
こんなところで,大筋は,大丈夫だと思います。では,これで時間となりましたので終わりします。明日は肢イです。お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則, 平成27年, 平成27年, 民法, 民法・商法・民事訴訟法 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中