無権代理の短答過去問を検討する 第5回 民法115条の意味(肢ア) その3

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,スク東先生と,無権代理の過去問【司法平成23年第3問・予備平成23年第2問】を肢アから順に検討することになりました。
その過程で,民法115条の意味を考えることになりました。スク東先生とのやり取りの結果,取消権を認めるのは,無権代理人の地位が不安定だからだということは,わかりました。しかし,それでは,なぜ善意の相手方だけ115条の取消権を認めているのかを聞かれて悩んでいたのでした。では,はじまり,はじまり。

無権代理の相手方の地位が不安定なのは,この説明だと善意でも悪意でも一緒ですね。
115条ただし書は,悪意を除外しており,結果として,善意者のみに取消権を認めている。これは,なぜだか,わかりますか。

東花子さん

うーん。おそらく,相手方が善意者のみ取消権を認めるべき事情があると思うのですが。

そうですね。抽象的にはあっているのですが,それを具体的に説明してもらいたいですね。

考えている

よく,わかりません。

なるほど,ちょっと難しいですかね。こういうときは,具体例ですね。例えば,甲の物Aを乙が丙に対して無権代理人として売却する場合に,乙が丙に対して「今は,売却権限がないが,甲を説得して物Aをあなたにわたすから」と説明した場合,丙がどうしても物Aがほしかったら乙と取引することはありますね。

東花子さん

そうですね。あり得ると思います。

そうですね。しかしその後,事情が変わって別のところで目的を達成したくなった場合に,取消しを丙から認めるべきですかね。

花子さん

なるほど,取消しを当然に認めるのは,少し丙を保護しすぎのように思います。

そうですね。乙が甲を説得するということは,ある程度,時間がかかるかもしれませんね。丙はその事情がわかっていて取引に入っているのだから,ある程度待つことが前提となる。

東花子さん

なるほど。

そこで,相手方が悪意の場合は,催告権(114条)で不安定な地位から解放されることが考えられます。

東花子さん

そうか。催告であれば,一定の期間は待っているわけですからね。よく分かりました。

善意の場合に取消権が認められるのは,もちろん催告もできるのですが,すぐ使う予定があった場合,本人の追認を待っていては間に合わないなどの問題が生じる。

花子さん

なるほど,無権代理行為について,相手方が善意の場合は,追認を待つことを予定して入っているわけではないですね。だから,取消権をすぐ行使できるようにして,115条で保護しているのですね。よく,わかりました。

分からないときは,具体的イメージをもって,押えることが大事ですね。これで,大丈夫だと思います。あと,もう一つ113条2項の条文が肢アで聞かれていましたね。ですので,明日は113条2項も考えて見たいと思います。楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。お

カテゴリー: 総論 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中