無権代理の短答過去問を検討する 第3回 民法115条の意味(肢ア) その1

こんにちは,スク東ブログへようこそ。まずは,前回までのあらすじから

<前回までのあらすじ>
花子さんは,スク東先生と,無権代理の過去問【司法平成23年第3問・予備平成23年第2問】を肢アから順に検討することになりました。
肢アの「本人が無権代理人に対して無権代理行為を追認した場合でも,相手方は,その事実を知らなければ取消権を行使することができる。」について,条文からうまく花子さんは説明できたのですが,結局,条文の意味をわからなければ困るでしょとスク東先生に突っ込まれたのでいた。では,はじまり,はじまり。

考えている

スク東先生,こんにちは。

こんにちは,東さん。あの後,条文の意味を考えて見ましたか。

東花子さん

まあ,いちよう。でも,よく分かりませんでした。

そうですか。まあ,考えて見ようとすることがまずは,重要なので一緒に頑張っていきましょう。そうですね,民法115条から検討しますか。とりあえず条文を改めて確認しましょう。

民法115条(無権代理の相手方の取消権)
代理権を有しない者がした契約は、本人が追認をしない間は、相手方が取り消すことができる。ただし、契約の時において代理権を有しないことを相手方が知っていたときは、この限りでない。

東花子さん

無権代理人の善意の相手方の取消権を認めたものです。

そうですね。では,理由が分からなかったと東さんはおっしゃたのですが,どう最初アプローチしれば良さそうですかね。

東花子さん

一般原則から考えていくのが良いように思います。

そうですね。そうすると,取消権というものは,通常あるものなのですか。

考えている

もちろん,ないですね。

その通りですね。では,取消権がないと,無権代理の相手方は,困りますか。もちろん,不都合が生じるので,115条の規定があるはずなのですが・・・。

東花子さん

確かに,そう考えると自然ですね。うーん。

なるほど,条文の知識を理解するうえで,論理の流れをしっかり押えることが大事ですね。少し,時間を取りたいので終了したいと思います。
この続きは,明日。また,お楽しみに。



あなたの,1票が日々の力となります。ぜひ,お役立ていただいた際には,クリックにて応援のほど,よろしくお願いします。

カテゴリー: 総則 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中