焦りは身を滅ぼす。不合格者の陥る負のスパイラル,そうならないためには。

スク東ブログへようこそ。早速,続きをいきます。まずは,前回のあらすじから。

<昨日のあらすじ>
昨日は,理解中心に勉強を行うと,勉強の進みが遅くなるという話でした。東さんは,心配されておりましたが,そこで,スク東先生は,大丈夫とおっしゃてましたね。
逆に,焦って勉強すると,本番では,難しい結果になるとスク東先生がおっしゃっておりましたね。本日は,そこからです。では,はじまり,はじまり。

私は,暗記中心で成績が伸びなかった受験生をたくさん見てきました。そのような方は,現状が不安だから,基礎がしっかりできていないのに,急いで家を建てようとする。知識をガチガチに固めて,焦って進んで不安を乗り切ろうとするんですよ。

東花子さん

ふーん。そうなると,どうなるんですか?

本番は,厳しいことになるかもしませんね。本番は,受験生の理解を聞くために,わざと変化球を出して,揺さぶってきます。そうなると,どうなると思いますか。

花子さん

そうですね。基礎ができていないと,揺さぶりに耐えられず,砂上の楼閣のように,家が崩れてしまいます。また,固いとポキッと折れてしまいますね。

そうですよね。そんな感じで,結局,不合格になってしまう。そうすると,その方は何を考えるかって,知識が足りないと思ってしまうんですよ。変化球を知らなかったからできなかったんだと。そして,必死に暗記に走る。しかし,方向性が違うためその次の年も変化球に対応できず,不合格,気づくまでこの連鎖ですよ。

東花子さん

つらいですね。

ですから,そうならないように,焦らず確実に理解を中心に勉強してほしいんですよ。直前になってしまうと,ただでさえ不安になって,焦って暗記をする方向に行きがちです。まだ,時間も多少あるので,ぜひ,腰を据えて勉強ください。

東花子さん

はい,わかりました。進むよりも確実に理解をする。進みが遅くなったのは,勉強態度が変わったためで,実力が積みあがっているので,良好だと。

そうですね。最初は,ゆっくりですが,確実な方法で進めば,繰り返しの行っていくうちに,スピードも徐々に上がってきますよ。

東花子さん

それを聞いて,安心しました。不安もありますが,それに負けずに,着実にやることを第一に勉強します。

そうですね。どんな感じで,着実にやっていくか。具体例は,このブログでもやっていきますので,一緒にがんばりましょう。では,時間となったので終わりにしたいと思います。


応援ありがとうございます。

<お知らせ>
スク東先生は,twitter も併せて行っております。
端的に勉強のポイントもつぶやいておりますので,こちらも,ご興味ございましたらフォローいただければ嬉しいです。
スク東先生ツイッター

成績が伸び悩んでいる方に相談の受付も始めました。ご興味ございましたら,こちらよりご連絡ください。

カテゴリー: 確認(Check) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中