成績表を見て考えるべきこと(講評編2)

こんにちは。本日もスク東先生ブログにようこそ。
さっそく,昨日の本題に入っていきます。まずは,問いの確認から。

Q.試験で不合格となった甲さんは,成績表を受けて,改善方法を考えた結果,勉強の方向性について,以下の結論に至りました。どう思われますか。大切な方向性の問題ですので,ぜひ考えてみてください。

1 今回は,憲法がAだったから,来年の勉強は,憲法は少なめで,成績がEだった民訴を中心にやろう。(講評済:詳細
2 あと,1点で不合格だったから,来年はこの調子でやれば受かるだろう。
3 全く,点数が足りなかった。自分はこの試験に向いていないのではないか・・・。
4 改善するために,知り合いの合格者に聞いて教えてもらおう。
5 短答は,今年合格したので,論文を中心に勉強しよう。

では,講評させていただきます。ここで,あえて,講評と申し上げているので,正解ではありません。あくまでも,さまざまな受験生を見た結果,こう思いますということです。ぜひ,ご一考いただければと思います。

2 あと,1点で不合格だったから,来年はこの調子でやれば受かるだろう。

うーん,なるほど。確かに,前向きで良いように思いますが,この考えは危険です。昨日も,ご連絡差し上げましたが,今年の成績と来年の成績は,別だと考えてください。確かに現段階で,有利かもしれませんが,合格発表までのどのように過ごされてましたか・・・。もし,勉強を続けていない場合は,実力が下がっていることを考慮する必要があります。

また,回数を重ねるにつれて,精神的なプレッシャーも発生します。1回目であれば,恐れを知らないので勢いも期待できますが,回数を重ねるとメンタルブロックがかかりブレーキがかかる危険があります。ですので,その点も考慮して追う立場だと思って,頑張ってください。

追う立場だと思うには,上位合格も目指しても良いかもしれません。ギリギリでも合格すれば良いと思うとまた,ギリギリで不合格になってしまう恐れがあります。
すでに,来年の受験生の中では,トップクラスであると思われますので,過去問を研究して,改善を進めてください。

<ポイント>
今年と来年は別物,有利であることは間違いないが,油断が生じるためすぐ忘れる。上位合格を目指すつもりで,追い込んで勉強する。

では,時間となりましたので,終わりにさせていただきます。明日,以降も方向性について考えて見ようと思いますで,ぜひ,ご一考いただければと思います。
季節の変わり目となりますが,今日も勉強頑張ってください。



応援ありがとうございます。

<お知らせ>
スク東先生は,twitter も併せて行っております。
端的に勉強のポイントもつぶやいておりますので,こちらも,ご興味ございましたらフォローいただければ嬉しいです。
スク東先生ツイッター

引き続き,スク東先生ブログをよろしくお願いします。

カテゴリー: 改善(Act) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中